ジャニーズJr.の少年忍者、Lil かんさいが、きょう12日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』2時間スペシャル(後8:00~)で先輩ジャニーズの名曲3曲をメドレーで披露することが明らかになった。

【写真】「W/X/Y」がヒット中のTani Yuukiが初登場 ミスチル、YUKIも新曲披露

 番組では、「先輩ジャニーズグループのCD売上No.1ソングの中からカバーしたい曲」を調査し、その結果をもとに、「歌いたい!先輩ヒットソングBEST10」ランキングを発表する。ランクインした10曲の中から、King & Prince「シンデレラガール」、ジャニーズWEST「ええじゃないか」、少年隊「仮面舞踏会」の3曲をメドレーで披露することになった。

 少年忍者の織山尚大は「今回、少年忍者とLil かんさいのパフォーマンスを初めてミュージックステーションで披露できることに気合いが入ってます! 圧巻のパフォーマンスをぜひ、期待しててください!」と気合十分。Lil かんさいの嶋崎斗亜も「たくさんの有名なアーティストさんと共演できるのがすごくうれしいです。僕たちも全力で頑張ります!」と意気込んでいる。

 そして、今月10日にデビュー30周年を迎えたばかりのMr.Childrenは、映画『キングダム2 遥かなる大地へ』(7月15日公開)の主題歌として書き下ろした新曲「生きろ」を含む2曲を特設ステージから披露。

 ソロデビュー20周年のYUKIは、アニメ『ダンス・ダンス・ダンスール』のオープニングテーマで、アニバーサリーイヤー第1弾の新曲「鳴り響く限り」をテレビ初披露することに。「アニメの主人公と、自分の20周年の気持ちを重ね合わせました。胸が躍る予感が身体に鳴り響く限り、歌を歌っていたいという思いを込めました」とのコメントを寄せた。

 aikoは最新シングル「ねがう夜」を歌唱。TikTokでの楽曲総再生数6億回超えで注目を集める23歳のシンガー・ソングライター、Tani YuukiはMステ初出演。ストリーミングでヒット中のラブソング「W/X/Y」を歌う。

 AKB48は、昨年4月末まで日韓12人組ガールズグループ・IZ*ONEとしても活動していた本田仁美がセンターを務める新曲「元カレです」と、大ヒット曲「ヘビーローテーション」をパフォーマンス。本田がセンターを務めるのは2014年4月の加入から8年で初となる。

■13日放送『ミュージックステーション』2時間SP出演アーティスト
aiko「ねがう夜」
AKB48「ヘビーローテーション」「元カレです」
少年忍者・Lil かんさい/ジャニーズJr. ジャニーズ名曲メドレー
Tani Yuuki「W/X/Y」
Mr.Children「生きろ」ほか
YUKI「鳴り響く限り」