『ガンダム』シリーズの最新作となる映画『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』(6月3日公開)。本作の舞台である“帰らずの島”と呼ばれる無人島に上陸する場面から、ガンダムを急襲するザクのシーンまでが収められている本編映像が解禁となった。

【動画】解禁された『ガンダム ククルス・ドアンの島』本編映像 ガンダムに迫る異形のザク

 今回解禁された映像は、主人公のアムロ・レイが操縦するRX-78-02ガンダムと、アムロが属する地球連邦軍ホワイトベースクルーのカイ・シデンが操縦するガンキャノンが、無人島の残置諜者掃討の任務のため“帰らずの島”と呼ばれる島に上陸する場面から始まる。それぞれが島を探索中、カイは、いるはずのない子どもたちに遭遇。予期せぬ展開に驚くカイに対して、島から追い返すよう石を投げ果敢に立ち向かう子供たちの様子が収められている。

 一方で、アムロはザクの足跡を発見、その足先は断崖絶壁で行き止まりになっていた。事態を整理しようとするアムロだが、突如背後から一機のザクに襲われてしまう。激しく交戦する二人だが、勝負の行方は…。次の展開が気になる衝撃的なシーンとなった。なぜ、無人島に子どもたちがいるのか、アムロを襲ったザクの思惑とは。

 1979年に放送された『機動戦士ガンダム』の第15話「ククルス・ドアンの島」。放送以来、劇場版3部作でも描かれることがなかった異彩を放つ第15話は今も伝説のエピソードと呼ばれている。このエピソードが、ガンダムとアムロの物語『機動戦士ガンダムIII めぐりあい宇宙』の劇場公開から40年の時を経て、待望の映画化されたのが本作となる。