NHK総合『ダーウィンが来た!』(毎週日曜 後7:30)で、2008年にNHK鹿児島放送局のクルーが撮影したトビウオの映像が、トビウオの最長飛行としてギネス世界記録に認定された。12日、同局放送センター内で贈呈式が行われた。

【写真】NHK鹿児島放送局クルーが撮影した飛行機のような大きな翼を持つトビウオ

 記録の詳細は「映像はトビウオが45秒間水面上を飛び続ける一部始終をとらえたもの。2008年5月18日、鹿児島県の口永良部島と屋久島を結ぶフェリー上から『ダーウィンが来た!生きもの新伝説トビウオ大飛行(2008年11月2日放送)』の取材を行っていたNHK鹿児島放送局のクルーによって撮影された」と紹介。

 続けて「それ以前の、具体的な秒数が記された最長記録は、1920年代にアメリカの研究者が論文で報告した42秒だった。時間を3秒上回るとともに証拠となる映像をとらえたことは画期的であった」としている。