俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典が12日、都内で行われた映画『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の完成披露舞台あいさつに参加した。

【写真】スーツ姿がクール!ディーン・フジオカ&岩田剛典も登壇

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田剛典演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 岩田の印象を聞かれたディーンは、岩田を「賢い魂を秘めた若者」と表現しつつ、愛媛県松山市の洋館で行われた撮影で「荷物が異常なほど少ないことが今回の新しい発見でした」と語った。岩田は、基本的に手提げ一つだけで行動し、中にはスマホ、財布、充電器しか持たないことを明かすと「下着も旅先で新調します」と共演者を驚かせた。

 舞台あいさつには、新木優子、佐々木蔵之介、村上虹郎、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平、西谷弘監督も参加した。