俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典、新木優子、広末涼子が12日、都内で行われた映画『バスカヴィル家の犬』(6月17日公開)の完成披露報告会に参加した。

【3ショット】美デコルテがちらり…黒レースワンピースで登場した新木優子ら

 本作は、世界的探偵小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原案とし、ディーン演じる誉獅子雄(ほまれ・ししお)と、岩田演じる若宮潤一(わかみや・じゅんいち)が、ホームズシリーズ最高傑作の呼び声の高い「バスカヴィル家の犬」をモチーフにした、不気味な島に棲む華麗なる一族の闇に迫る。

 撮影での印象的なエピソードとして、本作の重要キャラクターである犬のヴィルとの撮影での苦労が話題に。新木は「生き物と演技をするってこんなにも大変なんだ」と感じたことを明かした一方、「撮影が上手くいったときに分かり合えるような瞬間があった。獅子雄と若宮のコンビには敵わないかもしれないが、コンビ関係も見どころの一つかもしれない」とヴィルとの絆を感じさせるエピソードを語った。

 広末も特に大変だったシーンとしてヴィルが階段を上るシーンを挙げ、ヴィルが階段を登れなくなってしまうハプニングがあったことを明かした。同じシーンを何回も繰り返すことになったが、監督は怒らず、代わりにドッグトレーナーが怒っていたと話して笑いを誘った。

 また、同シーンで息の上がった演技をし続けた岩田と広末は、酸欠になってしまったと話し、岩田はそんな中でもヴィルに優しく声をかけ続けていた広末の気遣いに尊敬の念をにじませた。

 完成報告会には、佐々木蔵之介、村上虹郎、小泉孝太郎、稲森いずみ、椎名桔平、西谷弘監督も参加した。