チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)、霜降り明星(せいや、粗品)、ハナコ(菊田竜大、秋山寛貴、岡部大)がメインキャストを務める、フジテレビ系バラエティー『新しいカギ2時間SP』(後7:00)が14日、放送される。

【画像】スーツ姿の粗品たち…「賭博黙示録!バカイジ」の場面カット

 今回は、人気コント“賭博黙示録!バカイジ”のスペシャル企画“那須でギャンブル旅・バカ-1グランプリ”や、俳優の広瀬すず、松坂桃李ら豪華ゲストを迎えての企画から話題のコントまで笑いっぱなしの2時間を届ける。

 “賭博黙示録!バカイジ 那須でギャンブル旅・バカ-1グランプリ”では、松尾演じるバカイジら一行がさまざまなギャンブルに挑む。まず、一行がチャレンジするのはレーシングカー対決。今回対戦する相手は、なんとプロのレーシングドライバー・猪爪杏奈選手。勝敗は、ドライバーに選ばれたメンバーが猪爪選手と競走し、勝てば旅行費500円をゲット、負ければいけにえのメンバーが罰ゲームを受けることに。

ドライバーはプレッシャーと戦い、いけにえはドライバーの健闘を祈るしかない。「さすがに無理!」と慌てるバカイジたちにハンディが与えられるが、猪爪選手は「だいぶインチキです!」と思わず苦笑い。「ベテランドライバーっぽい!」と期待される一方、「ハンドルを握ると性格が変わるタイプだから…」と長田から心配される松尾の結果は。また、配達のバイトをしていた秋山、過去のゲーム対決で結果を残してきた長田にも期待がかかる。超有利なハンディを活用し、チーム一丸となり旅行費を獲得できるのか。普段とは違う、本気で挑む男たちの表情に注目だ。

 次に、バカイジ一行は芋掘り体験をするためビニールハウスの農園へ。しかし、一行が掘るのは、芋ではなく、「メンバーがイモだった頃の恥ずかしいモノ」。2つのアイテムをそろえれば勝ちという“芋掘り神経衰弱”ゲームだ。トップバッターの松尾は、早速、自身の「恥ずかしいモノ」を引いてしまう。「思っていたよりイモのやつ! これはハズい!」と叫ぶ松尾の声が響く中、他のメンバーは大爆笑。さらに、ピン芸人として松尾アンダーグラウンド名義で活動していた時期の恥ずかしい動画も登場する。シソンヌ・じろう、パンサー・向井慧らも出演するレア動画は必見。他にも、ハナコ結成前、菊田、秋山でコンビを組んでいた時代のネタ動画や、松尾も知らない学生時代の長田の恥ずかしい姿もあらわになる。

 また、メインキャストで唯一の独身、せいやが結婚や家庭について質問していくおなじみトーク企画“せいやの時間”も届ける。「奥さんに気を遣っていることは?」と尋ねられた松尾は出産時にやらかしてしまったことを明かす。「いまだに言われる」と後悔をにじませると、長田は「出産のことは女の人は一生覚えているから…」とうなずく。夫であり父であるキャストたちの本音に聞き入るせいやに対し、松尾が「最近、気になる人いないの?」と直球質問。すると、「良い子そうやなぁという子はいます」と赤裸々告白。徹底的に追求されるせいやが、「必ず、ピー入れてください」と言いながら思わずポロリ。なかなか見ることができない素顔トークは必見だ。

 さらに、クイズ企画「クイズ作家のヒダカとヤノの楽屋横断ウルトラクイズ」では、松尾、長田が「若干、引いています…」と驚く、広瀬、松坂の意外すぎる一面が明らかになる。そのほか、子供向け番組の歌のお兄さん、お姉さんには似つかわしくないこわもての雰囲気の“アニキ”を長田、“姐(あね)さん”をヒコロヒーが演じるコント“アニキと唄の姐さん”、リアリティーショー『バチェラー・ジャパン』に登場しそうなバチェラーならぬ、バチェ田バチェ男を松尾が演じる“BACHEO JAPANバチェ田バチェ男”は無人島を舞台に世界中のカップルたちがマネしたあの名シーンを再現する。