俳優の広瀬アリスが13日、都内で行われた映画『バブル』初日舞台あいさつに登壇した。“人魚姫”をモチーフとした今作にちなみ、人魚姫が人間に憧れるように“なってみたいもの”を聞かれた広瀬は「イケメン」と回答した。

【動画】「スカート履いてって言われるのが嫌だった」“イケメン”への憧れを語る広瀬アリス

 その理由について「元々、男の子に憧れていて。『女の子だからスカートを履いて』と言われたらすごく嫌だった。だから男の子になりたいし、なるんだったらイケメンがいい。キャーキャー言われたい。志尊さんとか…」と横目で同席した志尊淳をチラリ。すると志尊は「言われてませんよ」と謙そんした。

 しかし広瀬が「ランウェイとか歩いたら『キャー!』って。浴びてみたいんです」と願望を明かすと、志尊は「でも…すっごい気持ちいいんです」と“経験者”として説得力のある一言。「めちゃめちゃ気持ちいい。あのために仕事頑張るくらい、めっちゃ気持ちいい!」とあまりにも正直に明かして、笑いを起こしていた。

 今作は、躍動感あふれるアクションが世界中で大きな話題となったアニメ『進撃の巨人』の荒木哲郎監督とWIT STUDIO、『君の名は。』『天気の子』の川村元気プロデューサーがタッグを組んで作り上げたオリジナル作品。

 志尊演じる主人公ヒビキと、りりあ。が演じるウタ。らを取り巻くパルクールチーム“ブルーブレイズ”のお姉さん的立ち位置で、バブルを調査する科学者・マコトを演じる広瀬。前回の舞台あいさつでは大汗をかいて緊急降壇したことを受け「また発汗しましたら、降壇しますので…。一応、勉強してハンカチを持ってきました」と反省を生かし、茶目っ気たっぷりにほほえんでいた。