WIT STUDIOの完全新作アニメーション、Netflixシリーズ『ヴァンパイア・イン・ザ・ガーデン』(5月16日より独占配信)より、物語の始まりとなる、人間VSヴァンパイアの悲しき戦いを描いた本編映像が解禁となった。

【動画人間VSヴァンパイアの悲しき戦いを描いた本編映像

 本作は、監督に『ハル』『屍者の帝国』を手がけた牧原亮太郎、副監督には『進撃の巨人』の田中洋之という盤石の布陣に加え、キャラクターデザインを『NARUTO -ナルト-』『スカイ・クロラ』などの西尾鉄也が務めるなど、日本のトップクリエイターが集結。人間とヴァンパイアが対立する世界を描き、人間の
モモを潘めぐみ、ヴァンパイアの女王フィーネを小林ゆうが演じる。

 WIT STUDIOは、これまで『進撃の巨人』『王様ランキング』など数々のヒット作を生み出し、最新作の映画『バブル』では、『進撃の巨人』の荒木哲郎を監督に迎え、脚本に『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄、キャラクターデザイン原案に「DEATH NOTE」の小畑健を集結させて注目を集めた。また、Netflixで配信中の『SPY×FAMILY』も話題沸騰。

 そんなWIT STUDIOが新たに手掛ける物語では、100年以上続く人間とヴァンパイアとの戦争で抑圧された世界を描いていく。科学薬品で汚染された川や湖、市民は貧困生活を強いられ、常に軍人の監視下に。そのうえ、ヴァンパイアが愛する芸術を好むことは “悪”だと触れることさえ許されない人々――。

 解禁となった本編映像で、モモは、戦争のつらい日々に耐えきれなくなり、「もう嫌だ……ここから逃げ出したい……」と涙を流しながら家を飛び出し、警報が鳴り響く街を彷徨うことに。ノバラ(CV:深見梨加)の「お前は弱い、世界の理を知らずに生きていけると思っているの?」という厳しい言葉からも、長きにわたる抑圧された世界の過酷さが垣間見える。

 吹雪の中、人間と激しく戦うヴァンパイアの中には、アレグロ(CV:小林千晃)と女王フィーネの姿も。悲しい現実世界に耐えきれず逃げ出す純粋なモモの姿は、彼女に待ち受ける壮大な物語の始まりを予感させる。その後、運命的な出会いを果たしたモモとフィーネの二人は、ヴァンパイアと人間が争わずに生きていける、存在するかもわからない“楽園”を探す旅に出ることに。モモとフィーネ、二人の出会いは、この抑圧された世界をどう変えるのか――。