俳優の本田翼が10日、都内で行われた『劇場版 ラジエーションハウス』の公開後舞台あいさつに登壇。最近、感動したことを聞かれ、「TikTokを始めまして、(フォロワー)100万人行きまして、それがすごくうれしかったです」と答えるとともに、「スタダ(所属事務所のスターダストプロモーション)に言ってなくて…」と、内緒で始めていたことを明かした。

【バックショット】大胆背中見せ!キュートなワンピースで登場した本田翼

 窪田と本田は同じ芸能事務所に所属しており、本作でもドラマから足掛け3年にわたって共演してきて気心の知れた仲。この日の舞台あいさつでは、二人とも終始リラックスした様子でオフ感を漂わせていた。

 「言わないでSNSって、なかなかできなくないですか?」「俺、インスタ始める時、言った。反対意見があっても、俺はやるんだって」「わかります、その気持ちがないとできないですよね」と、楽屋裏のようなトークでファンを楽しませた。

 ちなみに、窪田が最近感動したのは、ホアキン・フェニックス主演の映画『カモン カモン』を映画館で観た時だったといい、自身が主演する映画の舞台あいさつで他作品を話題に挙げて、本田からツッコまれながらも、「いい映画を観た時って感動する。うそつけないじゃん。ホアキン・フェニックスの大ファンなんですよ」と、映画愛をのぞかせた。

 『劇場版 ラジエーションハウス』にも「感動した!」「泣いた!」といった声がSNSなどであがっており、観客の満足度は93%(配給の東宝調べ)を誇っている。感想コメントを書き出したバックパネルも舞台上に用意されていた。