最新の全国映画動員ランキングトップ10(5月7日・8日、興行通信社調べ)が発表され、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が土日2日間で動員27万9000人、興行収入3億9700万円をあげ、4週連続で1位を獲得した。累計では早くも動員500万人、興収69億円を突破している。

【画像】2位以下にランクインした作品ビジュアル

 2位には、元天才外科医で最強の魔術師の活躍を描いたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ドクター・ストレンジ」シリーズ第2弾『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が、土日2日間で動員20万9000人、興収3億4400万円をあげ初登場。監督は『スパイダーマン』(02、04、07年)シリーズをヒットさせたサム・ライミ。出演はベネディクト・カンバーバッチ、エリザベス・オルセン、キウェテル・イジョフォー、ほか。一足早く、5月4日から公開されていたことから、累計成績は既に動員78万人、興収12億円を突破している。

 3位は、土日2日間で動員11万5000人、興収1億4300万円をあげた『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』で、累計では動員123万人、興収14億円を超えた。

 4位には、公開5週目となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』が続き、累計では動員274万人、興収40億円を記録した。

 そして、5位には新作『死刑にいたる病』が初登場。『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督が、櫛木理宇のサイコサスペンス小説を、阿部サダヲ&岡田健史主演で映画化している。共演は岩田剛典、中山美穂、ほか。

 このほか既存作品では、公開から8週目を迎えた『SING/シング:ネクストステージ』が累計で動員256万人、興収32億円を突破、公開から10週目を迎えた『ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』が累計で動員220万人、興収26億円を記録している。

■全国映画動員ランキングトップ10(5月7日・8日)
1(1→)名探偵コナン ハロウィンの花嫁(公開週4)
2(NEW)ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス(1)
3(2↓)映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(3)
4(3↓)ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密(5)
5(NEW)死刑にいたる病(1)
6(4↓)劇場版 ラジエーションハウス(2)
7(6↓)SING/シング:ネクストステージ(8)
8(7↓)劇場版 Free!-the Final Stroke-(3)
9(5↓)ホリック xxxHOLiC(2)
10(8↓)映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021(10)
※11(9↓)余命10年(10)