俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第18回「壇ノ浦で舞った男」が8日、放送された。

【写真】禁じ手とも言える戦術…平家軍を追い込む義経&弁慶ら

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

※以下、ネタバレあり
 苛烈さを増す源平合戦。必死の抵抗をみせる平宗盛(小泉孝太郎)率いる平家軍に対し、源頼朝(大泉洋)は義経(菅田将暉)に四国、範頼(迫田孝也)に九州を攻めさせ、逃げ道をふさぎにかかる。

 しかし、範頼軍は周防で足止めをくらい、義時(小栗旬)・三浦義村(山本耕史)らが状況の打開に奔走。一方の義経軍も、後白河法皇(西田敏行)の命により摂津から動けずにいた。そんな中、梶原景時(中村獅童)の献策を一蹴した義経が…という第18回のストーリーだった。

 壇ノ浦の戦いに勝利し、平家滅亡に貢献したものの、鎌倉入りを許されなかった義経。引き止める義時に対し「兄上が帰れと言うのなら、それに従うまでのこと」と返す。無念さをにじませつつ、京へ戻る宗盛と清宗を引き合わせ「今夜は、親子でゆっくりと語り合うがいい」と告げる。

 その後、第8話(2月27日)に登場し、鎌倉に向かう道中で空腹の義経たちに里芋煮を振る舞った相模の村人・藤平太たちが駆けつける。「おぉ~、懐かしい顔だ」とようやく頬が緩んだ義経は、かつて約束した通り、荷車いっぱいの里芋を与えた。

 久々の再会でようやく安堵の表情を浮かべる義経。ネット上では「里芋が出てきて号泣した」「最高の伏線回収」「最期に親子の時間を作るなんて…。あんた最高やで」「義経、暴走しがちな部分もあるけど魅力的なお人だ」などの声が寄せられている。