人気グループ・Sexy Zoneの佐藤勝利が、10日発売の『週刊朝日』(朝日新聞出版社)の表紙&カラーグラビアに登場している。昨秋、初の単独主演舞台を成功させるなど、活躍の幅を広げる佐藤。今回挑んだのは、自身が初めて生で触れたエンタメ作品で、何度も劇場に足を運んだという、堂本光一主演の『Endless SHOCK』とそのスピンオフ「-Eternal-」。憧れの舞台を踏むことへの思いを明かした。

【画像】寄り添う5人と赤い一輪の薔薇…Sexy Zone描き下ろしイラスト

 現在出演中の舞台『Endless SHOCK』のオファーがあった昨年11月から、先行して稽古を始めたという佐藤。元々続けてきた舞台のためのボイトレに加えて、ダンスや歌のトレーニングと、毎日何かしらの練習を積んできたという。

 佐藤は「こういうものって頑張ればいいという話でもないんですが、ただ、僕は実力が伴っていないという不安のほうが大きくて、それを埋めたいという気持ちがありました。練習することで、一歩ずつ怖さがなくなっていく。基礎、土台がなかったら舞台もできない、と思って早めから準備をしてきたんです。でも、そうやって『型』だけになっていくのを、今回座長(堂本)に壊してもらえた感じですね」としみじみ語る。

 特に、製作発表前日の堂本からの電話がターニングポイントになったと明かす。そこでは、どんな会話が交わされたのか。詳細は、本誌のインタビューページにて。また、カラーグラビアではKing & Princeのライブレポートも届ける。