韓国の13人組ボーイズグループ・SEVENTEENが、7・8日の両日、さいたまスーパーアリーナで2年半ぶりの来日有観客公演となるファンミーティング『SEVENTEEN 2022 JAPAN FANMEETING 'HANABI'』を開催し、2日間で計6万人を魅了した。チケットは完売で、8日公演は全世界にオンラインで配信された。

【写真】純白の衣装をまとったSEVENTEENメンバーソロジャケット

 2019年10月に開催した日本ツアー『SEVENTEEN WORLD TOUR ‘ODE TO YOU’ IN JAPAN’』以来、2年半ぶりとなる来日公演には、エスクプス、ジョンハン、ジョシュア、ジュン、ホシ、ウォヌ、ウジ、ディエイト、ミンギュ、ドギョム、スングァン、バーノン、ディノの13人が勢ぞろい。

 メンバーは「生で見せられなかった曲をたくさん見せたい」と選んだ全11曲を披露。ヒット曲「HOME;RUN」の日本語バージョン、昨年末にリリースした日本シングル「あいのちから」など初めてファンの前で生披露した。さらに、4月15日に配信リリースされ、iTunesで34ヶ国・地域で1位を獲得した最新曲「Darl+ing」を、有観客では世界最速でパフォーマンスし、観客は歓声の代わりに割れんばかりの拍手を送った。

 ライブのほか、“究極の2択”に答えるトークコーナーや、2チームに分かれて輪投げや射的など縁日のゲームで競う企画では、抜群のバラエティーセンスを発揮。ファンとの対面を楽しんだメンバーは、エンディングで一人ひとりが日本語であいさつ。「こうやって同じ場所にいることが夢みたいです」「また会えて本当に幸せでうれしいです」「僕にとって皆さんは充電器です」などとメッセージを伝えた。

 アンコールではトロッコに乗り、後方席やスタンドのファンとも交流。一度去っては何度も戻ってくるサプライズを繰り返し、約3時間にわたってファンを魅了し続けていた。