俳優の小栗旬が北条義時役で主演を務める、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(毎週日曜 後8:00 NHK総合ほか)の第18回「壇ノ浦で舞った男」が8日、放送された。

【写真】 壇ノ浦にて…無数の死体を見ながら一人歩く義時

 『鎌倉殿の13人』は61作目の大河ドラマ。脚本は、2004年の『新選組!』、2016年の『真田丸』に続き3度目の大河ドラマ執筆となる三谷幸喜氏が務め、野心とは無縁だった若者が、いかにして武家の頂点に上り詰めたのかを描く。

※以下、ネタバレあり
 苛烈さを増す源平合戦。必死の抵抗をみせる平宗盛(小泉孝太郎)率いる平家軍に対し、源頼朝(大泉洋)は義経(菅田将暉)に四国、範頼(迫田孝也)に九州を攻めさせ、逃げ道をふさぎにかかる。

 しかし、範頼軍は周防で足止めをくらい、義時(小栗旬)・三浦義村(山本耕史)らが状況の打開に奔走。一方の義経軍も、後白河法皇(西田敏行)の命により摂津から動けずにいた。そんな中、梶原景時(中村獅童)の献策を一蹴した義経が…という第18回のストーリーだった。

 怒涛の展開で源平合戦が進み、壇ノ浦の戦い集結まで描かれた。平家方が出した扇を矢で射貫いたと伝わる那須与一が活躍する“屋島の戦い”はナレーションで終了。ネット上では、ネット上は「え、屋島ナレ終?」「一瞬で平家滅亡した」「那須与一『ワイは?』」「ええ、屋島の合戦飛ばすの…? 楽しみにしてたのに…」「ナレ屋島で香川県民涙目」「屋島の戦いはナレで終わった」などの反応を見せている。