俳優の広瀬すず、松坂桃李が8日、映画『流浪(るろう)の月』(13日公開)フレッシャーズ試写会に登壇。4月に新社会人としてのスタートを切った新入社員たちを中心に若者が集まった試写会で、社会人の先輩として広瀬と松坂が質問に真剣に向き合った。

【動画】「なんでこの作品やれないんだろう…」新社会人の悩みに全力回答する松坂桃李

 本作は、広瀬と松坂のダブル主演で、凪良ゆうの本屋大賞受賞作を李相日監督が実写映画化。10歳の時に、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・更紗(広瀬)と、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・文(松坂)が、15年後に再会したことから始まる物語。

 新社会人からの質問に2人が答えるコーナーでは「4月から入社したが、希望の部署に入れなかったときにどう頑張ればいいのか?」という質問が寄せられ、広瀬は困り顔。しかし、松坂は「部署とかではないんですけど、この作品やりたいなと思ったときに『なんでこの作品できないんだろう』『なんでやれないんだろう』と思うこともあったんですけど、今振り返るとそれは最善の道で、最短ルートだったなと思う」と自らの経験を踏まえて答えた。

 続けて「そこで『違った』と思うんじゃなくて自分の中での最短ルートがその歩み方だと思うことで、その部署でもいい意味で割り切った仕事のマインドで挑めると思います」とスマートなアドバイスを送ると、会場も納得した様子で自然と拍手が起こっていた。