タレントの眞鍋かをりが、8日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』に出演。イーロン・マスク氏がツイッター社を買収するという話題にふれ、自身がツイッターの裏垢を持っていることを明かした。

【写真】豪快な空振りをしてしまう眞鍋かをり

 東野幸治から「ツイッターやっていますか?」と問われ、眞鍋は「やってますけど、今ほとんど動かしてない状態なんです」と言い、「裏垢を持っていて、そっちで活動してるんで」と告白。「別の名前で?」と聞かれると、「別の名前で」と別人を装ってツイートしていることを明かした。

 本垢を使わない理由として、眞鍋は「ツイッターで書いたものがネットニュースになる始めた頃からやめようかなと思った」と説明。また「初期の頃はえげつない下ネタとかをバンバン、ツイートしてた。テレビとかではあんまり言えないこと…」と苦笑い。「裏垢でもそれをやってる?」と聞かれると、「裏ネタでは下ネタもつぶやきます」とはにかんだ。

 SNSを通じて誹謗中傷にも遭ったという眞鍋は「自分ひとりだったら、まあいいやだったけど、家族とかができると、それのせいでちょっとでも家族のテンションを下げたくないという気持ちになった」とも心境を語った。

 また、泉谷しげるもツイッターについて「したことありますよ」と振り返った上で、「自分の持論がうけたりなんかすると、やっぱり調子に乗るというか、ちょっと扇動するようなこと書いちゃいますよね」と言い、自戒のために「やめました」と説明。「言論の自由って言ってるヤツが一番怪しい。ふざけるなって!」と語った。