映画『千と千尋の神隠し』(2001年)で主人公、荻野千尋の声を務めた声優で俳優の柊瑠美(34)が7日、自身のブログを更新し、昨年末に第1子となる女児を出産したことを報告した。

【画像】赤ちゃんを抱く婦人!柊瑠美が『ポニョ』で演じたキャラクター

 ブログでは「ご無沙汰しています。そしてなんと2022年初ブログ、、サボりすぎですね。すみません。過去最高に開いてしまいました」と切り出しながら、「昨日は『崖の上のポニョ』が放送されましたね。当時20歳の時にやらせていただいた赤ちゃんを抱いた婦人役。お母さん役ができるようになったんだ!と当時すごく嬉しかった覚えがあります」と感想。

 続けて「そして実は私事のご報告なのですが、プライベートでも昨年末に女の子を出産し、今は育児に奮闘しています」と報告。「毎日があっという間で、でも子供の成長はそれ以上にあっという間で! ついこの間産まれたばかりと思っていたのに、もうこんなに大きくなって、表情も豊かになって、、とそのスピードには日々驚かされています」と伝えた。

 現状の子育てについても言及。「先日は娘も連れてニャンちゅうのスタジオにも遊びに行ってきました! ニャンちゅうは今年で30周年だそうです! 産まれた子が30歳になるまで続いてる番組と思ったら、本当にすごいことですよね。これからは娘と一緒にニャンちゅうを見ようと思います 皆様も長寿番組のニャンちゅうをこれからも宜しくお願いします」と近況を報告した。

 柊は6歳から子役として活動、CM・テレビ・映画に多数出演。1999年のNHK朝の連続テレビ小説『すずらん』ヒロインの少女時代を演じた。01年には映画『千と千尋の神隠し』で主人公、荻野千尋の声を担当。05年には『野ブタ。をプロデュース』(日本テレビ)出演後、学業に専念。その後『ニャンちゅうワールド放送局』で3代目お姉さんを務めるなど、幅広く活躍する。2019年6月に18年年末に同い年の男性と結婚していたことを報告していた。