世界一売れた歌手、エルヴィス・プレスリーの真実の物語を、「監獄ロック」ほか、誰もが一度は耳にしたことのある数々の名曲に乗せて、『ムーラン・ルージュ』『華麗なるギャツビー』のバズ・ラーマン監督が映画化。2022年の音楽映画の大本命である『エルヴィス』(7月1日公開)より、ロックが生まれ、エルヴィスがスーパースターへの扉を開いた瞬間ともいえる、興奮と熱狂のライブシーンの映像が解禁となった。

【動画】解禁となった映画『エルヴィス』ライブシーン

 彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。音楽と観客を純粋に愛し、型破りで命を燃やしたパフォーマンスを届け続け、かつてなく破天荒で世界で最も愛されたエルヴィス・プレスリー。彼を襲った数々の逆境、そして、人気絶頂での死――。波乱万丈な日々の裏側にあった危険な真実が初めて明かされる。一体何がエルヴィスを殺したのか…。

 エルヴィス役に大抜てきされたのはオースティン・バトラー。圧倒的なパフォーマンス、歌唱もそしてなにげない動作までもまるで本人のよう! 監督も「エルヴィスそのもの」と太鼓判を押す。エルヴィスの才能をいち早く見つけた強欲マネージャートム・パーカー役は、二度のアカデミー賞受賞俳優トム・ハンクスが演じる。

 解禁された映像は、バンドメンバーと共に自分たちで車を運転し、地方巡業を行いながら、徐々に知名度を上げていったエルヴィスが、当時、アメリカで主流だったカントリー音楽の世界で最も敬意を表されている公開ライブ放送のラジオ番組のひとつである「ルイジアナ・ヘイライド」に出演するチャンスを掴み、そのステージに出演した時の様子を描いたもの。

 緊張した面持ちでステージに立つ、まだ無名の新人歌手エルヴィス(オースティン・バトラー)。ピンクのスーツを身にまとい、メイクをし、長い髪をオールバックにした当時では馴染みのない姿から、観客からはヤジを飛ばされる。

 しかし、「Baby Let’s play house」を歌い出すと、先ほどまであざ笑っていた観客の表情は一変! 腰を小刻みに揺らす独特でセクシーすぎる禁断のダンスに、そして、誰も聴いたことのないロックを熱唱するエルヴィスに、女性客は大興奮! 叫び声が上がり、会場はやがて熱狂の嵐に! トム・パーカー(トム・ハンクス)はエルヴィスのパフォーマンスを見たその瞬間、 “運命の出会いだった”と確信する…。

 エルヴィスが生み出した、“ロック“の原点でもある、カントリーとブラックミュージックを融合させた楽曲は、アメリカの若者たちを中心に支持され、このライブを機にマネージャーとなるトム・パーカーの手腕によってエルヴィスは世界へと飛躍していく。”スーパースター”が生まれる瞬間を目撃すると共に迫力のパフォーマンスに劇中の観客同様、興奮せずにはいられないはずだ。

 先日、一足早く本作を鑑賞したエルヴィスの元妻、プリシラ・プレスリーは自身のFacebookに「バズ(・ラーマン監督)ならではのユニークで芸術的な手法で、見事に、そして創造的に語られた実話です。オースティン・バトラーはエルヴィスそのもの。素晴らしかった…彼は重責を担っていることを自覚していて、この役を演じるにあたり、非常に神経質になっていたようです。(彼の心労は)想像に難くありません」と、本作とオースティンを絶賛。バズ・ラーマン監督によると、プリシラに認められたオースティンは背負っていた重責からか、その場で泣き崩れてしまったそうだ。

 今月3日(日本時間)に米ニューヨークで開催された、ファッションの祭典「メットガラ」では、オースティンやバズ監督、プリシラほか、『エルヴィス』チームが参加し、プラダがデザインしたクールで華やかなブラックコーディネートを披露して大きな注目を浴びた。本年度のカンヌ国際映画祭(アウトオブコンペ部門)にてワールドプレミア上映される本作。どんな反応が待ち受けているのか、注目だ。