俳優の小芝風花が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『妖怪シェアハウス-帰ってきたん怪-』(毎週土曜 後11:00〜11:30)の第5怪(話)がきょう7日に放送される。のんべ(毎熊克哉)とぬらり(大倉孝二)が傘を携え、まるでイケてるヒーローのごとく凛々しい表情をした先行カットが到着した。

【場面写真】せっかく働き始めた会社をクビの危機…真剣勝負に挑むシェアハウスメンバー

 前回の第4話では、澪が書いた「AIの限界」の記事が、AIロボをペットのようにかわいがる大作家・大河内(木村靖司)を激怒させてしまい、編集者の小豆沢流(岩崎う大)とともに編集長・上竜樹(安井順平)からクビを言い渡された。すると、小豆沢が怒り狂って金ぴかマントの謎の妖怪に姿を変え、銭つぶて攻撃で澪に襲いかかり、絶体絶命の大ピンチに。

 しかし第5話では、間一髪のところでのんべ&ぬらりが現れ、澪のピンチを救う。普段は酔ってばかりののんべと、ぬらりくらりと過ごしているぬらりだが、まるで別人のようなたたずまいを見せる。

 一方、窮地を救われても、澪のいばらの道はまだまだ続いていく様子。金ぴかマントの妖怪と化した小豆沢と澪をシェアハウスに連れ帰ったぬらりたちは、小豆沢が「ショキショキ」と口走ることから、その正体が小豆を数えるのが得意な妖怪・小豆洗いだと見抜く。小豆洗いは世知辛い世の波に流されていくうちに、いつの間にか闇落ちして銭洗いとなってしまっていた。

 そんな小豆洗いに対し、澪は自分が小説を書けない呪いにかかっているように、小豆洗いにも上の呪いにかかっているのではと疑うが、そこへ突如、天神様=菅原道真公(山内圭哉)が現れ、呪いより強い力の存在を伝える。それを聞いて再び奮起した澪と小豆洗いは、クビをまぬれるために大河内に謝罪して許しを得ようとするが、その運命は大河内がかわいがるAIロボットとの対決で決まることになる。