モデルでタレントの藤田ニコルと池田美優(みちょぱ)が、8日放送のテレビ朝日系『あざとくて何が悪いの?』(毎週日曜 深11:55)に出演。「あざと連ドラ」を見て、禁断の“元カレ論”で盛り上がる。

【場面カット】元カレのエピソードを赤裸々告白する藤田ニコル

 「あざと連ドラ」第4弾『君があざとくて何が悪いの?~僕らの恋日記~』第6話では、櫻坂46の土生瑞穂が、晴翔(水沢林太郎)の元カノ・セイラ役で登場し、新展開が巻き起こる。転勤先のパリから帰国したセイラが、晴翔に「会えない?」と連絡し、しっかり者のはずが弱音を漏らす。

 ドラマのテーマ「元恋人の連絡先は消す? 残す?」にちなみ、藤田と池田のトークが白熱。池田が“別れた男をふたたび呼び寄せてしまう、にこるんのモテ女子っぷり”を暴露すると、藤田が元カレとのエピソードを自ら赤裸々告白。また、「別れたら友だちに戻れないタイプ」と言うみちょぱが、別れた後にとる行動も明らかになる。

 このほか、世の男性が自身のこだわり&センスが詰まった「自慢の部屋」を案内し、数々のおもてなしを提供する「男性が自慢のあざと部屋にご招待 あなたはこの部屋どう思いますか?」第2弾も放送。今回は、弘中綾香アナウンサーが推薦した“あざとすぎる人気美容師”が「ちょいちょいインスタで部屋が見切れていて、それがめちゃめちゃあざとい」(弘中アナ)という部屋を披露する。