実業家の前澤友作氏(46)が6日、自身のツイッターとYouTubeを更新。新しく購入した『アストンマーティンV12スピードスター』の“納車式”から都内を走る様子などを公開した。

【動画】「かっけぇ~」とご満悦な前澤友作氏

 世界に限定88台しかないV12スピードスターは、屋根やウィンドスクリーンがないとても変わったオープン2シーター。毎度おなじみ、ボディーカラーやインテリアカラーなど、前澤氏のこだわりが随所にちりばめられている。

 動画では“納車式”から都内を走る様子を紹介。前澤氏も「上品」「かっけぇ~」などのご満悦の様子で、乗ってみた感想については「新しい感覚。車じゃない感じ、アトラクション。ディズニーランドのゴーカート乗っているみたい」などと明かしている。

 最後は「良い車買いました。アストンマーチンはもう1台(別の車を)購入しています」といい、今回の新車の値段をスタッフから聞かれると「値段は知らない」とにっこり。これにスタッフが「1億2000万円~1億3000万円」と説明すると「あと1台、いや、あと5台くらい買えるじゃん」と笑っていた。