俳優の小林聡美が主演する映画『ツユクサ』(公開中)より、主人公・五十嵐芙美(小林)が運転する車に隕石が衝突する、1億分の1の奇跡が起きる本編映像が解禁となった。

【動画】本編冒頭の隕石衝突シーン解禁

 宇宙好きの少年・航平(斎藤汰鷹)が望遠鏡で星を観察していると、明るく光る隕石が空を横切って落ちていくのを目撃する。ちょうど同じ頃、海岸沿いの道路を車で運転する芙美も、まばゆく光を放つ何かが目の前を横切っていくのを目撃し、思わず目を細める。

 車をその場に停止させ、車内から周囲の様子を伺いつつ、注意を払って再びゆっくりと発車させると、突然、大きな衝撃があり、芙美の乗っている車は制御不能に。突然のことに芙美は、「うぁ!」と叫び声をあげるが、あっという間の出来事で車は転倒…。

 物語の冒頭で起きる、この1億分の1の確率と言われる隕石との衝突が、芙美の日常に起きた一つ目の奇跡。この出来事をきっかけに、芙美の日常に、小さくて大きな奇跡が訪れる。

 小林は「みなさんの暮らしの中でも、ある日突然起こりうる奇跡を、存分に楽しんでほしいと思います。私自身は50代半ばを過ぎましたが、その年齢になったからこそ受け入れられることってあると思うんです。隕石にぶつかったり、恋愛したり、『ないないない!』と決めつけないで、そんな出来事にぶつかった自分は『結構持ってるよね』と面白がってみる。そんな軽やかな気持ちで見ていただけるとうれしいです」と、コメントを寄せている。