俳優の広瀬すずが、9日放送のフジテレビ系バラエティー『あしたの内村!! 軽井沢移住&韓国ドラマ裏側潜入!広瀬すずと憧れの人生に没入SP』(後7:00)に出演する。

【画像】ノースリーブの黒系衣装で大人の雰囲気!『あしたの内村!!』に出演する広瀬すず

 同番組は“もしもの時にどうすれば良いのか?”を完全シミュレーションし、他人の人生をのぞき見ることができる新感覚“没入型”バラエティー。今回は、スタジオに月10ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』に出演する藤木直人や、水10ドラマ『ナンバMG5』に出演する森本慎太郎(SixTONES)をはじめ、朝日奈央、高畑淳子、広瀬、向井慧(パンサー)、若槻千夏を迎え、「もし、あした○○するなら」というテーマで、内村や見ている人たちの身に“あした”起きるかもしれないシチュエーションにどう対応すればいいのかを、完全シミュレーションしていく。

 なかでも注目は「あした内村に…韓流ドラマ主演のオファーがきたら~キスシーン編~」。今や韓流ドラマの世界では“キスシーン”へのこだわりから、さまざまなオリジナル“キスシーン”が生みだされているが、そんな韓流ドラマで主演を務めるにあたり当然のように必要とされる“キスシーン”の演技が求められたとき、いったいどうすればいいのかをシミュレーションする。そこで韓流ドラマへの出演経験を持つ、女優・笛木優子をスタジオに迎え、気になるその舞台裏に迫っていく。

 さらに番組では韓流ドラマの大物プロデューサーや、キスシーンを創り出す人気脚本家にインタビューをするなど、現地スタッフによる韓国ロケも敢行するなど、スタジオの女性陣たちも「知りたい!」と思わず前のめりに“没入”してしまう映像が盛りだくさん。

 そして、昨年9月25日に特別番組として放送した際に「韓流ドラマにキャスティングされたら」というシチュエーションで出演したアン・ボヒョンが再び登場する。大人気韓流ドラマ『梨泰院クラス』で悪役の御曹司を演じ話題となり、韓流ドラマ界で絶大な人気を誇るキス職人としても人気爆発中のアン・ボヒョンが、内村に“キスシーン”の極意を伝授する。番組の独自取材から導き出された韓流ドラマのキスシーンの現場を、没入カメラで完全再現するほか、この番組でしか見られない、キス職人アン・ボヒョンの貴重なキス顔“没入体験”映像は必見だ。

 そして、スタジオゲストの広瀬が「あした世界一癒やされる動物アルパカを飼ったら」と題して、コロナ禍でペットを飼う人が急上昇中の今、癒やされるペット・アルパカを飼ったらどんな生活が待っており、どれだけ癒やされるのかも完全シミュレーションしていく。スタジオ中が「アルパカって家で飼えるの!?」と疑問を口にする中、広瀬は「飼ったら、どんな風にコミュニケーションを取れるんだろう?」と興味津々な様子。

 そこで番組では三年前から実際にアルパカを飼い始めたという飼い主の自宅を訪問取材。すると、犬や猫だけでなくペンギンやマイクロブタなど究極の癒やしペットなどを飼う人も増えている中、アルパカを飼っているからこそ体験できる癒やし体験の数々が明らかになるなど、アルパカとの生活に没入できる映像に、スタジオからも「かわいい!」の声が止まらない。さらに、没入映像だけでなく、広瀬が実際にアルパカとの触れあい体験をすることになり、初めての餌やりやアルパカ散歩に「目がめちゃくちゃ可愛い!」と大興奮になる。広瀬が感じた「あした世界一癒やされる動物アルパカを飼ったら」の感想とは。

 ほかにも「あした内村が移住したい人気ランキングNo.1 長野県の軽井沢に移住したら」では、実際に軽井沢に移住した有名人たちに密着し、どんな生活が待ち受けているのかを番組独自の視点から徹底取材する。国際政治学者の三浦瑠麗・一家の週末移住生活に密着した“没入”映像では、藤木も「東京でいくらお金を出しても、あの景色と環境は買えない」とうらやむなど、スタジオも驚きの移住生活に注目だ。

 そして、「初めて連ドラのメインプロデューサーをすることになったら~ヤンキードラマ編~」では、スタジオの森本も出演する『ナンバMG5』の若手プロデューサーに密着。プロデューサー目線での没入カメラを使い、出演者とのやり取りなどその一部始終に独占密着する。この番組の“没入”カメラだからこそとらえることができた、主演・間宮祥太朗の意外な素顔も明らかになる。