人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する、テレビ朝日系オシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(毎週土曜 後11:30)。あす7日放送の第4話で、一ノ瀬圭役の大橋和也(なにわ男子)&鏑木悟役の迫田孝也の“いちかぶコンビ”によるオーディオコメンタリーを副音声として放送することが決まった。

【写真】”可愛さあふれる営業マン”を演じる大橋和也

 「かわいい」を武器に生きてきた“あざかわ男子”丸谷康介(山田)と、芳根京子演じる26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”真田和泉、不器用な2人の遅すぎる初恋を描く本作。第4話では、康介が和泉への気持ちに気付き、“本当の恋”を知ることに。

 番組の公式SNSに、大橋と迫田が海辺でせりふ合わせをしている動画がアップされるやいなや、「いちかぶコンビ、可愛くて癒やしで、好き!」「ほんわかしてて可愛すぎる」と反響。劇中でもコミカルなやりとりを繰り広げている息ピッタリの“いちかぶコンビ”が副音声でどんなトークを繰り広げるのか?

 副音声初挑戦となる大橋は、無事に収録を終え、「初めての副音声だったんですけど、ほんまに迫田さんの家で2人で飲みながらしゃべってるみたいな感覚で楽しかったです」とニッコリ。「なんならこれから最終回まで毎回副音声をやりたいくらい(笑)!」と、すっかりハマッてしまった様子で、「ゲストを呼びたい」など夢は膨らむばかり。迫田に「欲張るねぇ(笑)」とツッコまれていた。

 編集が終わったばかりの第4話を見た2人は、「ときめく回」「恋が始まる回」「キュンキュンする場面がたくさん出てくる」と言いつつも…「津田(健次郎)さんがおいし過ぎません(笑)?」という大橋の言葉に、迫田も「そうそう、そうなんだよ!  何アレ…(笑)!」と激しく同意。はたして、2人が口をそろえて“おいしい”と言われた津田演じる商品開発部のチーフ・須藤周平は、第4話で一体何を…!?

 本編の放送はもちろん、“いちかぶコンビ”があんなことやこんなことを語り尽くす副音声、激レア“裏かわトーク”も聴き逃しなく!

■大橋和也(一ノ瀬圭 役)コメント

 僕は、今回初めて副音声の収録をしたんですけど、迫田さんと一緒だったので、めちゃくちゃしゃべりやすくて楽しかったです。副音声といいつつ、ほんまに迫田さんの家で2人で飲みながらしゃべってるみたいな感覚でした。だから、カメラとかを意識せずにしゃべれたのかなって思いますね。ほんまに楽しくて、なんならこれから最終回まで毎回副音声をやりたいくらいです(笑)!

 そういえば、僕らが台本を見ながらせりふ合わせをしていたところが、SNSなどで“いちかぶ劇場”といわれて注目していただいたそうなんですよ。今後、ドラマでももっと2人がフィーチャーされるようなシーンが出てきたらいいなと思います。「台本はないけどアドリブでやって」って言われるかもですけど(笑)。

 そしてそんな僕らの副音声が聞ける第4話はときめく回でもあり、この物語の軸というか、ある意味“恋の始まり”が描かれている回でもあります。そして、津田(健次郎)さんがおいしい回です(笑)。シリアスなシーンもあるんですが、リアルタイムでこの副音声を聞きながら、僕らと一緒に見てほしいです。…いや、違うな。まずは副音声ありバージョンを見ていただいて、その後に本編だけをじっくりと! 二度楽しんでいただけたらと思います。

■迫田孝也(鏑木悟 役)のコメント

 以前、副音声をした時は超シリアスな設定だったんです。その時とは真逆で、今回はこの役柄の関係性に加えて、僕と大橋くんの関係性もあり、もうちょっとしゃべりたかったくらい楽しかったです。大橋くんは最終回までずっと副音声を続けたいと言っていましたが…欲張りますね(笑)。でも、弥生ビールを飲みながら、ゲストに山田(涼介)くんや津田さんを呼んでしゃべるとかはアリかもしれないですね。

 “いちかぶ劇場”って、あの外でせりふ合わせしたやつ? あれがネットニュースになったの!? うれしいですねぇ。なんなら、どんどん新作を作っていくべきですよね(笑)。もし本編でももっと僕と大橋くんをフィーチャーしていただくシーンができたら頑張りますよ! なんせ“いちかぶ劇場”ですから(笑)!

 第4話はこのドラマの中で恋がメインになってくる回です。キュンキュンする場面がたくさんあるので、ぜひときめいてほしいですね。そして“いちかぶコンビ”のほんわかシーンもお楽しみください。