とんねるずの木梨憲武が2日、クラシック音楽の殿堂・上野の東京文化会館 大ホールで、指揮者・三ツ橋敬子、演奏・東京フィルハーモニー交響楽団によるコンサート『木梨憲武 交響楽団』を開催した。

【ライブ写真17点】新たなクラシックエンタメで魅せた木梨憲武

 フルオーケストラを従えた木梨は、とんねるずの「ガラガラヘビがやってくる」「迷惑でしょうが」「一番偉い人へ」をはじめ、ソロ曲「不機嫌なモナリザ」「I LOVE YOUだもんで。」、こよなく愛するヒット曲「さらば恋人」「帰らざる日々」「ガッチャマンの歌」などをオーケストラ・アレンジで披露していった

 さらに、「ハンガリー狂詩曲第2番」「ウィリアム・テル序曲『スイス軍の行進』」「オー・ソレ・ミオ」「ベートーベン第5番『運命』」といったクラシックの名曲も、木梨のフィルターを通して親しみやすいエンターテインメントとして届けた。

 中盤には「スーパー・スペシャル・ゲスト」として加藤茶が登場し、観客は大興奮。加藤と木梨の食事会の席で『木梨憲武 交響楽団』の話が出た流れで、今回のシークレットゲストとしての出演が実現したという。往年のギャグをクラシックアレンジで披露するなど、この公演ならではのスペシャルコーナーとなった。

 このほかにも、指揮者の三ツ橋敬子が「魅せられて」を歌う、まさかのサプライズも飛び出し、ラストは木梨のソロステージでもおなじみ、北島三郎の「まつり」で締めくくり。尺八、三味線、太鼓とオーケストラが共演し、笑いあり、感動ありの新たなクラシック・エンタテインメントが盛大なフィナーレを迎えた。

 加藤茶の妻でタレントの加藤綾菜は自身のインスタグラムに、夫と木梨のツーショットを投稿し「木梨憲武 交響楽団 THE CURTAIN CALL SHOWにシークレットゲストでカトちゃんが出演してきました」と報告。「ドリフも、とんねるずさんも好きなのでコラボに興奮!!」「今年一番笑いました!!生はいいなぁ。やっぱり」と感激していた。

 本公演のアーカイブ配信が決定し、詳細は後日発表。この公演でも披露した楽曲が収録されるニューアルバム『木梨ミュージック コネクション最終章 ~御年60周年記念盤~』は6月1日にリリースとなる。