女優の芦田愛菜と宮本信子の共演で、ボーイズラブ“BL”でつながった17歳と75歳の年齢を超えた友情と挑戦を描く、映画『メタモルフォーゼの縁側』(6月17日公開)より、劇中でうらら(芦田)と雪(宮本)が“激推し”するBL漫画「君のことだけ見ていたい」の作家、コメダ優役を演じた古川琴音の場面写真が解禁された。

【場面写真】物語の展開に思い悩むコメダ優(古川琴音)

 原作に登場するコメダ優よりも若い設定で配役された古川。解禁となった場面写真は、書店にて行われる漫画のサイン会にてファンの人達と触れ合うコメダ優の姿が切り取られており、うららと雪にとってある驚きの事実が発覚するシーンとなっている。

 うららと雪にとっては憧れの存在であるコメダ優だが、「君のことだけ見ていたい」の物語の展開に思い悩む一面もあり、作り手側の苦悩と“ものづくり”の難しさも本作では描かれる。制作に悩みながらも真摯(しんし)に作品に向き合うコメダ優の姿をとらえた場面写真も解禁。演じるにあたり古川は、漫画のキャラクターを描く練習を重ね撮影に臨んだ。本物の漫画家さながらペンを走らせるシーンも注目だ。