アイドルグループ・乃木坂46の林瑠奈、弓木奈於が5日放送のフジテレビ系バラエティー『これが定番!世代別ベストソング ミュージックジェネレーション』(後7:00)第6弾にゲスト出演する。

【別カット】さまぁ~ずから絶賛された乃木坂46の弓木奈於、林瑠奈

 さまぁ~ずがMCを務める同番組では、令和、平成、昭和の3世代の視聴者に定番ソングを調査。アンケート結果からみる「世代別ベストソング」を貴重映像とともに発表していく。見たかった思い出の映像や懐かしの貴重映像が満載の、家族で楽しめる音楽バラエティーとなっている。

 今回のテーマは、『ドラマ主題歌 春・夏編』『元気をもらった女性アイドルソング編』『ウエディングソング編』『青春のバンドソング編』。計100本超の貴重映像をたっぷりと紹介する。進行は井上清華(フジテレビアナウンサー)。各世代の代表として、狩野英孝、モグライダー(芝大輔・ともしげ)、藤田ニコル、そして林と弓木が参加する。

 『元気をもらった女性アイドルソング編』では大竹が現役アイドルの弓木・林に「2人は “元気を与える憧れの存在”でしょ?」と聞くと、弓木が「いやぁ~、“とんでもねぇ”です」とボケて(?)謙そんを。その後も弓木がたびたび爆笑を巻き起こす。林は、自身が思い入れのある曲として「まっすぐ」(私立恵比寿中学)を紹介。「皆、歌がうまくて!」と、“エビ中”の魅力をさまぁ~ずらに熱弁する。ほか、『ラブライブ!』発のユニット「μ’s」のアニメ映像も登場。三村は、小泉今日子のアイドル史を解説する。

 収録後、感想を聞かれたさまぁ~ずの大竹一樹は「乃木坂46の弓木さん、林さんは、昭和世代の曲への理解もすごくあって」と驚き。三村マサカズが「ちゃんと、『話の通じる若い子』でしたね」と感心すると、大竹は「弓木さんはめちゃくちゃおもしろくボケまくっていて、一方で林さんはしっかりコメントできていて」とコンビネーションを評価し「二人のバランスが抜群で、すばらしい!」と絶賛していた。