最新の全国映画動員ランキングトップ10(4月30日・5月1日、興行通信社調べ)が発表され、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』が土日2日間で動員58万人、興行収入7億3500万円をあげ、3週連続で1位を獲得した。累計ではシリーズ最速で興収50億円を突破し、動員373万2000人、興収52億3100万円となっている。

【画像】2位以下にランクインした作品ビジュアル

 2位は、先週と変わらず『映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝』で、土日2日間に動員25万4000人、興収2億8400万円をあげた。累計では動員73万人、興収8億円を突破。

 3位も先週と同様『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』がキープ。土日2日間で動員20万9000人、興収2億8100万円をあげ、累計では動員228万人、興収33億円を突破している。

 4位は、窪田正孝主演で2シーズンにわたり放送されたドラマのその後を描いた『劇場版 ラジエーションハウス』が初登場。土日2日間で動員12万8000人、興収1億5500万円。共演は本田翼、広瀬アリス、他。監督もドラマシリーズの演出を手掛けた鈴木雅之が担当している。

 5位には、新作の『ホリックxxxHOLiC』がランクイン。創作集団「CLAMP」の大ヒットコミックを蜷川実花監督が神木隆之介、柴咲コウを迎えて実写映画化。

 ほか、新作では、韓国の13人組ボーイズグループ初のライブドキュメンタリー『SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE』が10位にランクインした。

 既存作品では6位の『SING/シング:ネクストステージ』が累計で動員241万人、興収30億円を突破。公開から9週目を迎えた8位の『ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021』が、累計で動員214万人、興収25億円を突破。同じく公開から9週目となる9位の『余命10年』が、動員224万人、興収28億円を突破した。

■全国映画動員ランキングトップ10(4月30日・5月1日)
1(1→)名探偵コナン ハロウィンの花嫁(公開週3)
2(2→)映画クレヨンしんちゃん もののけニンジャ珍風伝(2)
3(3→)ファンタスティックビーストとダンブルドアの秘密(4)
4(NEW)劇場版 ラジエーションハウス(1)
5(NEW)ホリック xxxHOLiC(1)
6(5↓)SING/シング:ネクストステージ(7)
7(4↓)劇場版 Free!-the Final Stroke-(2)
8(8→)映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争2021(9)
9(7↓)余命10年(9)
10(NEW)SEVENTEEN POWER OF LOVE : THE MOVIE(1)
※11(10↓)とんび(4)