声優の石川由依が、劇場アニメ『千と千尋の神隠し』のテーマソング「いのちの名前」(木村弓)をカバーした音源が4日に配信された。カバーソングプロジェクト「CrosSing」よりリリースされたもので、レコーディングムービーも6日、公開された。

【動画】石川由依「いのちの名前」レコーディングムービー公開

 透き通った歌声と圧倒的な表現力により、懐かしさと切なさで胸がいっぱいになるカバーに仕上がった。公開されたレコーディングムービーでは、ミュージカル・舞台の場でも活躍し続ける石川の表現力を映像で堪能できる。

 楽曲配信にあたり、石川から楽曲への思いを語ったコメントが到着した。


――この歌にまつわる思い出を教えてください

「いのちの名前」は昔からずっと大好きで、家でもカラオケでも本当によく歌っていた曲です。自分の声に合っていること、そしてとってもいい曲なので、もっとたくさんの方に聴いていただきたいという思いから今回この曲を選ばせていただきました。以前チャリティー公演のようなものに参加した際に1度歌ったことがあるのですが、それ以外で披露する機会などはなかったので、こんな素敵なかたちで皆さまに聴いていただけるのはすごくうれしいです。

――曲中の歌詞で一番好きなフレーズと、その理由を教えてください

「秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神さまの子供たち」

全体的に詩的な歌詞なので、解釈が合っているのかはわからないですが…どんなものも全て神様から生まれた子供たちで、良いも悪いもない必然的なもののように感じられ、あらゆる感情、あらゆる現象を尊く愛おしく思えます。とても美しくて可愛らしくもある素敵な表現で好きです。

――この歌の表現のポイントや、たくさん練習を重ねた箇所は?

とてもシンプルな曲なので、誤魔化しがきかない曲だと、今回歌ってみて改めて思いました。すーっと心に沁み渡るような、夏の草原に吹く爽やかで優しい風のような歌声を目指したかったので、地声からファルセットへの移行はなるべく滑らかになるよう気をつけました。

――この曲以外に今後カバーしてみたい楽曲を1つ挙げてください

ゲーム『NieR:Automata』より「Weight of the World/壊レタ世界ノ歌」

自分が主人公を演じさせていただいているゲームのエンディング(Bエンド)で流れる曲です。上手く歌える自信はないのですが、作品も音楽も大好きなので、歌ってみたい気持ちがあります。