小説家・燃え殻による書き下ろし、俳優の成田凌が主演するHuluオリジナル『あなたに聴かせたい歌があるんだ』(5月20日よりHuluにて全8話一挙配信)より、前田敦子演じる人気アイドルのものまね芸人「島田まさみ(しまだまさみ)」のキャラクターポスターと、キャラクター映像が公開された。

【動画】前田敦子、さすがの“アイドルパフォーマンス”で魅了 「島田まさみ」キャラクター映像

 本作は、デビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなり、昨年映画化された小説家・燃え殻による映像化のための書き下ろし新作。17歳と27歳に人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤、そして後悔を描き、正解が出づらい現代社会を痛々しくも瑞々しく映し出した群像劇。成田凌、前田敦子のほか、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、田中麗奈らがキャストに名を連ねる。

 物語は10年前―、高校2年の夏の日、女教師(27)の赤い下着姿のエロ本が教室に貼り出され、クラス全員で彼女を冷やかし、好奇の眼差しを向けた。その時女教師は唇を震わせながら、「皆さんもこれから10年経ったら、必ず27歳になります。その時に後悔することが、私なんかより一つでも少ないことを私は本気で願っています」と告げ、キリンジの「エイリアンズ」を流し、そのまま学校を去る。この時に同じ教室にいた生徒5人と女教師1人の10年間の人間模様を描く。何の因果か、女教師が予言でもしたかのように「27歳」という年に、教室にいた生徒5人の人生が大きく動き出す。

 主要キャスト6人の最後に公開された、前田演じる「島田まさみ」のポスターは「生きる意味は、自分じゃない、誰かにもらう。」というコピーとともに、部屋の壁一面にびっしりと貼られたポスターで埋め尽くされている。これらに写る人物は、“八木今日子”という人気アイドルだ。まさみは、人気アイドルのものまね芸人として活動しており、芸名は“七木今日子”。

 キャラクター映像からは、「今日子! 今日子!」というファンの熱い声援の中、ものまね芸人として華やかなスポットライトを浴び圧巻のステージパフォーマンスを魅せるまさみ。しかしその実、不安と常に隣り合わせで自分は本物なのか、偽物なのかという葛藤と、高校時代に臨時教師にしてしまった仕打ちへの後悔が付きまとう。


#6ストーリー:あなたにとってのかけがえのない人は誰ですか?
島田まさみ(前田敦子)の27才の誕生日は信じられないニュースから始まった。その日は、人気アイドルの八木今日子の初めてのドームツアーの予定だったが、彼女は事故で帰らぬ人になってしまった。八木今日子のモノマネ芸人として活動してきた島田にとって、八木今日子は生きる意味であり、生活のすべてだった。そんな彼女がこの世から去ってしまった……。高校の女性教師に大人への恨みをぶつけてしまったこと、卒業後にバイト先の店長と不倫して駆け落ちしたこと、過去を振り返りながら、自分の存在意義を信じてある場所へ向かった……。