小説家・燃え殻による書き下ろし、俳優の成田凌が主演するHuluオリジナル『あなたに聴かせたい歌があるんだ』(5月20日よりHuluにて全8話一挙配信)より、田中麗奈演じる37歳の元教師「望月かおり(もちづきかおり)」のキャラクターポスターと、キャラクター映像が公開された。

【動画】田中麗奈、虚ろな表情で“死”を決意? 「望月かおり」キャラクター映像

 本作は、デビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなり、昨年映画化された小説家・燃え殻による映像化のための書き下ろし新作。17歳と27歳に人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤、そして後悔を描き、正解が出づらい現代社会を痛々しくも瑞々しく映し出した群像劇。成田凌、田中麗奈のほか、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子らがキャストに名を連ねる。

 物語は10年前―、高校2年の夏の日、女教師(27)の赤い下着姿のエロ本が教室に貼り出され、クラス全員で彼女を冷やかし、好奇の眼差しを向けた。その時女教師は唇を震わせながら、「皆さんもこれから10年経ったら、必ず27歳になります。その時に後悔することが、私なんかより一つでも少ないことを私は本気で願っています」と告げ、キリンジの「エイリアンズ」を流し、そのまま学校を去る。この時に同じ教室にいた生徒5人と女教師1人の10年間の人間模様を描く。何の因果か、女教師が予言でもしたかのように「27歳」という年に、教室にいた生徒5人の人生が大きく動き出す。

 今回解禁された田中演じる望月かおりのポスターは「幸せは、微笑まない。口ずさむもの。」というコピーとともに、働いているビルの屋上で、ひとり寂しくお弁当を食べる、彼女の人生を象徴するシーンを切り取っている。傍らには、落としてしまった出し巻玉子が転がっている…。

 映像からは、退屈、憐れ、憂鬱、鈍くさい、諦め、枯渇、陳腐など数々の言葉が映し出される。これは望月が自分の人生に対して抱いてきた感情だ。エロ本の切り抜きを生徒たちに貼りだされた臨時の高校教師時代、そして派遣社員として働く現在の自分に対して「ほんとに笑える、間が抜けた私の人生」、そして「サヨナラ、東京」と言い捨て人生を終わらせようとする。


#5ストーリー:知らない男と一緒に夜空を見上げたことはありますか?
望月かおり(田中麗奈)は、勤め先のビルの屋上から飛び降りようとしていた。以前は英語教師として働いていたが、27才の時、赤い下着姿のグラビア写真を生徒に晒されてしまい、街を離れ、今は東京で派遣として受け付けの仕事に就いていた。契約が切れる直前に、同じ会社に務める恋人は、若い受付の女に乗り換えた。この世界から消えてしまおう……そう思って夜の屋上へやって来て、飛び降りようとしたその時、「あれ、なんて星座でしたっけ?」と背後から声が聞こえる。その男は、小説家・並木翔平(後藤淳平)だった…。