アイドルグループ・AKB48が4日、東京・秋葉原のAKB48劇場で17期研究生11人をお披露目した。

【動画】「大声ダイヤモンド」を歌唱するAKB48・17期生11人

 17期生は昨年12月15日から今年2月7日まで応募期間を設け、1次審査(書類)、2次審査(オンライン)、3次・最終審査(面談)を経て選出された。

 16期生は2016年12月にお披露目されており、今回およそ5年半ぶりの新メンバーオーディションとなった。会見には、向井地美音(24、15期生)、村山彩希(24、13期生)、柏木由紀(30、3期生)が駆けつけた。

 先輩としてのアドバイスを求められると、向井地が「何より今のAKB48を見て、入りたいと言ってオーディションを受けてくれた子たちがいて、こんなにかわいい後輩たちが誕生したことが本当にうれしい。かわいいし、しっかりしゃべられているし、あんまり言うことはないんですけど、自分自身が、AKBが大好きでやってきたので、AKB愛を忘れずに活動してくれたらうれしいなと。最初のことは記憶が薄くなってきちゃうので、きょうのことはしっかり忘れないようにしてもらえたら」とやさしくエール。

 村山は「MCですごく怒られたので、これから劇場公演に立つと思うので、発言に気をつけていただきたい」と笑顔を見せると、柏木も「私は16年目になるのですが、アイドルがすごく好きで入ってきました。意外と目標を決めすぎないというか、絶対ってなると、なかなかうまくいかないこともあって、私は楽しいことを楽しんでやっていれば、気づいたらここにいたので、あまり気負わずに日々を楽しんでほしい」と呼びかけた。

 佐藤綺星は、姉で15期生の佐藤妃星(さとう・きあら、21)と同じグループ所属となるが「すごくうれしいですし(姉も)喜んでくれました。私はみんなと同じように自分の力で合格したかったので(オーディションでは)お姉ちゃんの名前は出しませんでした。これからは2人で、仲の良さもいかしつつ、頑張っていけたら…」と意気込み。

 佐藤妃星と同期の向井地は「私も最近知って驚きました。綺星ちゃんが、まだ小学生くらいのときに事務所で会ったことがあって『いつも見ています』と言ってくれていたので、同じメンバーになるって奇跡みたい」と語っていた。

■AKB48 17期研究生プロフィールと意気込みコメント
太田有紀(おおた・ゆき)/2004年3月27日生/18歳
「AKB48として、この劇場に立つことができて本当に幸せです。私はダンスも歌も苦手ですが、みなさんに認めていただけるように頑張ります」

小濱心音(こはま・ここね)/2007年2月12日生/15歳
「アイドルになることができて、AKB48に入ることができてすごくうれしいです。歌もダンスも頑張って、先輩方のように活躍できるようになりたい」

佐藤綺星(さとう・あいり)/2004年6月24日生/17歳
「AKB48に入ろうと思ったきっかけが劇場公演だったので、この場に立たせてもらえることがうれしい。厳しく練習していって、もっともっとうまくなれるように頑張ります」

橋本恵理子(はしもと・えりこ)/2006年4月16日生/16歳
「小学1年から大好きだったAKB48のメンバーに入ることができてうれしい。17期生がたくさん愛してもらえるように頑張ります」

長谷川新奈(はせがわ・にいな)/2001年8月8日生/20歳
「AKB48はずっと憧れだった。一つひとつの活動を丁寧に、私自身も楽しみながら、みなさんに笑顔を届けられるようにしたい」

畠山希美(はたけやま・のぞみ)/2008年1月25日生/14歳
「幼稚園の頃から大好きだったアイドルです。AKB48の名に恥じないように頑張ります」

平田侑希(ひらた・ゆき)/2002年9月3日生/19歳
「ずっと憧れていた、大好きだったAKB48に、自分が入ることができて本当にうれしい。今までの先輩方が築き上げてきたものを壊さないように精いっぱい努力していきたい」

布袋百椛(ほてい・もか)/2004年12月1日生/17歳
「AKB48はずっと憧れだったアイドル。苦手なダンスをたくさん練習して、メンバーや先輩にも負けないようにうまくなれるように頑張ります。何事にも全力で取り組みます」

正鋳真優(まさい・まゆう)/2005年3月1日生/17歳
「ステキな歴史を持つグループ、ステキな場に立つことができてとても幸せです。ここから全力で駆け上がれるように一生懸命頑張ります」

水島美結(みずしま・みゆう)/2003年11月12日生/18歳
「AKB48キラキラと輝く憧れの存在で、この場にいることが今でもすごく夢のようです。すべてのことに全力で取り組んでいきます」

山崎空(やまざき・そら)/2004年5月13日生/17歳
「私自身、AKB48に人生を大きく変えてもらったので、AKB48がいなければアイドルを好きになることがなかったと思います。まだまだ未熟ですが、これから練習を積んでいき、AKB48、たくさんの方に必要とされる存在になりたい」