お笑いコンビ・極楽とんぼによるBS日テレのバラエティー番組『極楽とんぼの週末極楽旅』(毎週月曜 後11:00)。2日の放送では、カンニング竹山、越智ゆらのとともに昭和旅in群馬・草津を届ける。

【番組カット】極楽とんぼがドランクドラゴンにまさかの土下座

 旅のテーマは「昭和旅」。旅の出発前に、携帯電話をスタッフに没収され、カーナビも使用不可で、紙の地図だけが頼りとなる。さらに、旅先として決まっているのは最初の目的地のみ。そのほかは、撮影の許可取り含めタレント任せの昭和旅。不便で何も決まっていない旅だからこそ、人とのつながりから新たなドラマが生まれる。

 到着早々、携帯を没収される形となり、越智は今までに経験したことがない旅番組のスタイルに驚き。地図を手にした越智は「初めて見ます。免許取る時以来です。ちょっとお願いします」と、事務所の大先輩・竹山に頼り、竹山が地図をもとに案内役を務め、越智が“写ルンです”での写真を担当することになった。

 竹山の地図をもとにした案内をのもと、草津へのルートを決定していく流れに。加藤浩次は「日本ロマンチック街道」の語感が気に入った様子で「白糸ハイランドウェイ入って、鬼押ハイウェー行って、そこから日本ロマンチック街道になりますよ。そっちで行こうよ」と声を弾ませた。

 サービスエリアでの“スタバじゃんけん”では、山本圭壱の“ズル疑惑”が浮上するも、越智が買い出しへ。再び車が動き出したところで、加藤が「越智さん、えらい番組に来たなと思ったでしょう(笑)? テンション上げていいんですよ。同級生だと思ってもらっていいですから」とやさしく呼びかけるなど、和やかな空気が流れた。

 軽井沢での昼食タイムでは、生ハム。ソーセージ店で絶品料理を堪能。念願のロマンチック街道に突入すると、加藤が「入りました! 日本ロマンチック街道です。キレイだなー。絵本の中に入っている感じがしない?」と大興奮の様子で語り、越智も「妖精とか出てきそう。ロマンチック!」と笑顔で語っていた。

■カンニング竹山
久しぶりに面白いロケでしたね~。やっぱり携帯電話がないというのが良いですね! みんなで知恵出し合ったり、人に聞いたりすることで旅が面白くなる。改めて、人との触れ合いっていいな~、と原点に返る事が出来た昭和旅でした。

■越智ゆらの
最初は、極楽とんぼさんと初対面でお二人のけんか芸も知らなくて、マネージャーも近くにいないということでびくびくしてしまっていたのですが、道中のロマンチック街道で盛り上がったりと、携帯がなかったからこそ、皆さんとの会話も増え打ち解けることができました。地図を読めるようになったこともうれしかったです。友達とも携帯なしの昭和旅してみようと思います。

「極楽とんぼの週末極楽旅」公式YouTubeチャンネルにて「極楽とんぼの反省会」など、オリジナル動画配信中
https://www.youtube.com/channel/UC0kz0xi7_3gtKjrAaZ6wixw