人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義(36)が29日、右低音障害型難聴と両側耳鳴りのため一定期間活動を休止するとファンクラブと所属するジャニーズ事務所の公式サイトで発表した。グループはしばらく4人で活動を続ける。

【写真】関ジャニ∞がお人形に?『GR8EST BOY』たち

 グループ活動以外にもなにわ男子と関西ジャニーズJr.のプロデューサーを兼務するなど多忙を極め、所属事務所は「意欲的に活動しておりましたが、その責任感の強さ故、本人の自覚以上に疲労が蓄積していたことは否めません。弊社としましては、何より大倉の心身の健康を最優先にすべきであると考えておりますので、本人の意向を確認し、関ジャニ∞メンバーとも話し合った結果、一定期間休養することといたしました」と判断した。

 低音障害型難聴は低い音を聞きとる能力が阻害される難聴で、短期間で治るケースもあれば長引いたり繰り返し発症したりする恐れもある。内耳の障害やストレスなどが発症のきっかけになることもあり、大倉も「仕事に集中出来ないほど 耳がおかしくなってることに気付きました。病院に行くと、ストレスが原因だそうです」と明かしている。

 1年半前ほど前から難聴や耳鳴りの症状を訴え、定期的に通院しながら様子を見ていた大倉だが、4月以降に症状の悪化がみられ、ドクターストップがかかった。

 この夏には野外スタジアムライブ『18祭』を開催予定。このステージに万全の状態で臨むため、大倉自身もファンと「楽しい時間を過ごすため、前向きに判断した結果」だという。所属事務所は「しばらくの間、関ジャニ∞は4人で活動いたしますが、どうか温かく見守っていただけますと幸いに存じます」とし、大倉自身も「この度、少しばかり休ませて頂くことになりました」と報告。「しっかり休養して、また元気な姿を見せられる状態で戻ってきます」と呼びかけている。