代表作『ほうろう』(1975年)などで知られるシンガー・ソングライターの小坂忠さんが29日、埼玉県内の自宅で死去した。73歳だった。所属事務所は、5年前に発症したS字結腸癌から転移した全身がんによる肝不全と死因を公表した。

 小坂さんの妻でトラミュージックの代表取締役プロデューサーの小坂(高)えいかさんは「4月29日 10時43分 牧師そしてシンガーソングライターの小坂忠は、5年前に発症したS字結腸癌から転移した全身癌による肝不全との闘いを終えて天に凱旋しました」と伝えた。家族や孫娘に看取られての最期だったという。葬儀、告別式は改めて案内される。

 小坂さんは1948年、東京生まれ。68年、ロックバンド「ザ・フローラル」のボーカリストとしてデビュー。その後、細野晴臣、松本隆らと「エイプリル・フール」を結成。71年にソロアルバム『ありがとう』をリリースし、75年リリースの『ほうろう(HORO)』には、レコーディングメンバーとしてティン・パン・アレーの細野晴臣(Ba)、鈴木茂(Gt)、林立夫(Dr)、松任谷正隆(Key)が参加し、多くのミュージシャンに影響を与えた。

 所属事務所からの公式発表は以下のとおり。



4月29日 10時43分 牧師そしてシンガーソングライターの小坂忠は、5年前に発症したS字結腸癌から転移した全身癌による肝不全との闘いを終えて天に凱旋しました。
デビューから55年の幸せな音楽人生でした。セキュラーミュージックとクリスチャンミュージックの両方で多くの人々に愛され愛唱された事は身に余る光栄でした。
これまでのご厚情を心より感謝いたします。

「これらの人々はみな、信仰の人々として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるかにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり 寄留者であることを告白していたのです。~中略~ しかし、事実、彼らは、さ らにすぐれた故郷、すなわち天の故郷にあこがれていたのです。」新約聖書ヘブル人の手紙より

トラミュージック 小坂(高)えいか