俳優の神木隆之介、柴咲コウ、SixTONESの松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆、蜷川実花監督が14日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台あいさつに登壇。蜷川監督ならではの”色気”を魅せる演出に戸惑ったという吉岡と磯村のエピソードが語られた。

【ソロショット】松村北斗ら豪華キャストが登壇

 印象的な撮影中のエピソードを聞かれた磯村は「やっぱり蜷川組といえば、色気とかエロさを多少なりとも要求されるわけですよ。私もそういう役だったんですけど、今回ポールダンサーの先生が来てくださって色気の指導があったんです」と特殊な稽古があったことを明かし、「その指導中、首の角度をずっと触られている自分の映像を見て恥ずかしくなりました(笑)」と照れを見せた。

 そこで吉岡が「動画が私のところまで送られてきて、磯村さんがされるがまま過ぎてほんとに撮影資料なのかなと思いました(笑)」と思い出し笑い。同じように吉岡にも色気の指導があったといい「初めて撮影現場で『デコルテ-!!』と大きな声で叫ばれました(笑)」と衝撃を受けたというエピソードを披露。続けて「ずっとセクシーとか色気ってヒップとかバストとかウエストだと思ってたんですけど、デコルテなんだと言うことをこの現場で教わりました。とにかく女性の皆さん、デコルテを意識すると色気がアップします」と全国の女性に色気の秘訣を伝授した。

 今作は累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックをもとに『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、初の実写映画化に挑む。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(ワタヌキ)を神木、対価の代わりに人の願いを叶える”ミセ”の女主人を柴咲コウが、四月一日を襲う妖艶な悪女・女郎蜘蛛を吉岡、女郎蜘蛛に心酔する手下・アカグモを磯村が演じる。