俳優の神木隆之介、柴咲コウ、SixTONESの松村北斗、玉城ティナ、磯村勇斗、吉岡里帆、蜷川実花監督が14日、都内で行われた映画『ホリック xxxHOLiC』初日舞台あいさつに登壇。それぞれの撮影中のエピソードが披露される中、吉岡は今作で初対面を果たした柴咲の赤裸々なイメージをぶっちゃけた。

【ソロショット】松村北斗ら豪華キャストが登壇

 映画の内容にあわせ、特殊な能力を持っている共演者を聞かれた吉岡は柴咲の名前を挙げ「完全に”覇王色”です」と柴咲の圧倒的なオーラに驚き。「敵対する役柄だったんですけど、現場入った瞬間に完全にすぐ子犬になってしまうというか『クゥーン』ってなって、ひれ伏したくなるくらい圧倒的で”ガクブル”でした」と初対面のイメージを明かした。

 また吉岡は「本当に優しい方で柔らかい方なのに、気がついたらひざまずいてしまっているみたいな、そういうパワーがあって『お姉さま!』という感じでした(笑)」とフォローを入れつつ柴咲の凄みを語った。

 柴咲は「やだー!」と照れながら「本当はもじもじしてるだけなんです」と心の内を明かしていた。

 今作は累計1400万部を突破している創作集団・CLAMPの伝説的大ヒットコミックをもとに『ヘルタースケルター』『Dinerダイナー』の蜷川実花監督が、艶やかで華やかな圧巻ビジュアルで、初の実写映画化に挑む。人の心の闇に寄り憑くアヤカシが視えることで孤独に生きてきた高校生・四月一日(ワタヌキ)を神木、対価の代わりに人の願いを叶える”ミセ”の女主人を柴咲コウ、四月一日を襲う妖艶な悪女・女郎蜘蛛を吉岡が演じる。