TOKIOの松岡昌宏が演じる、女装した大柄な家政夫・三田園薫(通称:ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』第5シリーズ(毎週金曜 後11:15~)。きょう29日放送の第2話で、本編の後のコーナー「おしえてミタゾノさん」に、あの謎の新人歌手の話題が登場する。

【写真】レギュラー出演するしゅはまはるみは14キロ以上のダイエットで話題

 家事のスキルは完璧、でも無表情で何を考えているのかわからない上、なぜか女装しているという謎多き“最強の家政夫”ミタゾノさん。依頼人の家庭の内情をのぞき見しては、その秘密をネタにその家を崩壊させるのが趣味、というなんともハタ迷惑な家政夫だが、そのダークヒーローぶりが視聴者を独特な爽快感へといざない、“家政夫(婦)ドラマ界”に確実に新たなページを刻み込み続けている。

 第1話のラスト、エンディングクレジットの後に唐突に始まった「おしえてミタゾノさん」は、ミタゾノが視聴者から寄せられた質問に、素早く、かつ的確に回答していくコーナー。第1話では、「美味しい手抜き料理を教えてください」「長く夫婦円満でいるコツは?」という質問が寄せられ、ミタゾノの的確すぎる答えに、「腹抱えて転がり回ってる」「答えが的確すぎて吹き出した」「来週も楽しみ」と多くの反響が寄せられた。

 きょう放送の第2話の「おしえてミタゾノさん」は、2018年に放送された『家政夫のミタゾノ』第2シリーズの主題歌「戯言」が大ヒットを記録し、一躍有名歌手の仲間入りを果たした“謎の大物新人歌手”・島茂子について。ミタゾノの旧友でもある茂子が、現在どこで何をしているのかが、ついに明かされる。

 そして、ドラマ本編では、ミタゾノ、光(伊野尾慧)、素子(山本舞香)が「質素倹約」を掲げる節約ファミリーの家へ。しかもその家の主人(堀部圭亮)が、まさかの3.3億円強盗の犯人だったことまでわかり…!? 時効寸前となった3.3億円強盗事件の大金を妻(雛形あきこ)と娘までもが狙い始める。大金の返却を任されたミタゾノだが、そこにさらなる事件が…というストーリーが展開される。