俳優の神尾楓珠、福本莉子、佐野晶哉(Aぇ!group/関西ジャニーズJr.)、佐藤浩市、秋山純監督が28日、都内で行われた映画『20歳のソウル』(5月27日公開)の完成披露試写会に参加した。

【写真】”Aぇ”ポーズでウインクをする佐野晶哉

 本作は、千葉県船橋市立船橋高校で代々受け継がれている「市船soul」という応援曲を作曲し、がんにより20歳という若さで短い人生の幕を閉じた浅野大義さんの実話『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』(著:中井由梨子/小学館)を映画化。

 神尾と佐野は演奏シーンも撮影した。浅野さんを演じ、トロンボーンを吹いた神尾は「本当に組み立て方も扱い方もわからないところから始まった」と明かす。2ヶ月の猛特訓をしたが「スゴく不安でした」と振り返りながら「吹奏楽部の皆さんが僕がわからなかったら、すぐに教えてくださる。本当に温かい皆さんの中でやれてよかった」と感謝した。面白さを感じたかどうか問われた神尾は「面白いまではいかないです、まだ! 難しいしかなかった!」と力強く返答。会場には笑いが起きていた。

 学生時代に吹奏楽部に所属していた際はサックスを担当していたという佐野だが、今回は「ピアノとスネアなんですよ…。サックスだったら、らくらく吹けたんですけど、なぜか監督は僕がビアノをめちゃくちゃ弾けると思っていらっしゃって」と苦笑い。神尾と同じく猛練習をしたという。

 劇中には浅野さん作曲の「Jasmine」を弾く重要なシーンもあるという。「リハなしでぶっつけ本番。震えるような緊張感のある撮影。でも、リアルに楽しく、撮影させてもらいました」と佐野が撮影秘話を明かすと、神尾は「晶哉の『Jasmine』がBGMで掛かっていたいたから、スゴく感情が入った」と感謝。すると佐野も「僕も楓珠くんのせりふがあったから感情が入りました」と伝え合い、お互いにデレデレだった。

 この日は、市船と中継をつなぎ、部員約120人が「市船soul」などを披露した。