上方落語家の桂文枝(78)が新型コロナウイルスに感染したと、所属する吉本興業が28日、発表した。

【写真】これで見納め! おなじみのセットに並ぶ桂文枝&山瀬まみの2ショット

 同社は「弊社所属 桂文枝(かつら・ぶんし、78歳)が新型コロナウイルスに感染したことが確認されましたのでご報告申し上げます」とし、「桂文枝は4月27日(水)に発熱し、PCR検査を受けた結果、28日(木)に陽性と診断されました」と感染判明までの経緯を説明。今後は保健所の指示に従って療養する。

 「当社グループは引き続き、お客様、所属タレント、お取引先の皆様、社員の安全確保を最優先に、保健所をはじめとする行政機関、医療専門家の指導のもと、新型コロナウイルスの感染予防、拡大防止に努めていきます」とコメントしている。