関西ジャニーズJr.の人気グループ・Aぇ! groupの正門良規が、2日発売のエンタメ専門誌『日経エンタテインメント!』(日経BP刊)6月号に単独で初登場する。「エースの矜持」というテーマで、初のソロコンサートから得たものや、なにわ男子に代わって関西ジャニーズJr.を引っ張っていく心境、前社長・ジャニー喜多川さんとのエピソードなど7ページにわたって話している。

【写真】表紙はなにわ男子がぎゅっと密着

 2019年のNHK朝ドラ『スカーレット』の出演以降、俳優仕事が増えていた正門だったが、今年は2・3月に大阪・松竹座でソロコンサートを開催。関西ジャニーズの“聖地”と言われる同会場での1ヶ月以上にわたる全43公演は、“松竹座におけるソロでの最多公演記録”となった。そんな大役の知らせは、関西Jr.をプロデュースする関ジャニ∞・大倉忠義からの「来年、松竹座、春、正門ソロコン(笑)」という手短なメールだったという。

 そもそもコンサートの作り方すら知らない自分になぜこの話が来たのか…その狙いや理由は「怖くて聞けなかった」と今も謎のまま。そのなかで正門は、「修行の場」と自分に言い聞かせ「できると思われたんやろう、と前向きに受け止めて臨みました」と心境を振り返る。

 制作にあたっては、大倉に全面的に相談。しかしメールでのやりとりが多かったため、会って話そうとしたが、会う段になると「いけるやろ、大丈夫や」と会合をキャンセルされたそう。「結果、僕が全部決めなければならなくなったんですが、バックで付いてくれる関西Jr.のことも考えながら、プロデュースや演出の面白さにも目覚めたかもしれない」とソロコン前後で心境に変化が現れた。

 今は個人・グループ共に活躍の場を拡大させているが、「なにわ男子が結成された2018年には事務所を退所することも考えていた」とも。そんななかで2019年にAぇ! groupが結成。そして昨年、なにわ男子がCDデビュー。彼らのデビューが発表された時は、「悔しさとか全然なくて、おめでとうと素直に思えた」。そう思えるようになった経緯、なにわ男子の存在が関西ジャニーズにとっていかに大きいかを、関西Jr.を俯瞰(ふかん)した視点で話している。

 そして事務所の前社長、ジャニー喜多川さんとの貴重なエピソードも。すでに高齢だったこともあり、正門世代の関西Jr.との接点は少なかったジャニーさん。「僕がオーディションを受けた時(11年)はその場にいました」。舞台作品で役をもらえたことがきっかけで時々上京していたという正門が、先輩の稽古を見学していた際にジャニー氏から受けた信じられないもてなしを明かしている。その思い出の時間が、今回のソロコンを通じて思いがけず巻き戻ったとも。

 インタビューではほかに、「家でお酒はどのくらい飲む?」「卵焼きの味付けの好みは?」など同誌恒例のプライベートトークも多数掲載。「飲むときはすごく飲む」という正門の意外な酒のアテとは。今号の表紙はなにわ男子。ジャニーズ事務所のなかでもひときわ“規格外”の活動を見せている彼らに、CDデビューから半年の率直な所感を聞いている。

 メイン特集は「ボーイズグループ最前線」。ジャニーズ、LDH、K-POPに加え、オーディション発のグループも第4の勢力として強いパワーを持ちつつある昨今。チャートなど各種データやクリエーティブの新潮流などから、今起きている“最前線”を探る。同時に、新顔グループのデビューが相次ぐ「次世代ガールズグループ研究」も。K-POP第4世代や日本発の本格的なダンス&ボーカルグループなど、今後のシーンをけん引しそうなニューカマーを解説。

 また、結成14周年の記念日にニューアルバムをリリースする、ももいろクローバーZのスペシャルインタビューも掲載。キャリアを積んだからこそできる、“今の表現”について語っている。さらに、今年2月にデビューした8人組ボーイズグループ・OCTPATHも初登場。読み応えある記事が満載となっている。