人気漫画『SPY×FAMILY』(作者:遠藤達哉)が、ミュージカルとして初めて舞台化されることが30日、発表された。製作は東宝で、2023年3月に東京・帝国劇場で上演、4月~5月にかけて全国ツアー公演も行われる。

【画像】キュートで変顔も!オーディションで決める『SPY×FAMILY』のアーニャ

 これは本日放送されたテレビアニメ第4話本編終了後に発表されたもので、公式サイトとツイッターもオープン。さらに、登場キャラクター・アーニャ役の大規模オーディションが実施されることも発表され、詳細は公式サイトにて公開されている。

 2019年3月より漫画アプリ『少年ジャンプ+』で連載中の同作は、より良き世界のため日々、諜報任務に取り組む凄腕スパイの主人公・ロイドが、ある任務のために“仮初めの家族”をつくり、ミッションに挑むスパイアクションコメディー。特殊任務(ミッション)のために引き取った子ども・アーニャは超能力の持ち主、契約結婚を持ちかけた妻・ヨルは殺し屋で、「スパイ&超能力者&殺し屋」が互いの秘密を抱えたまま仮初めの家族になる物語。

 コミックス累計発行部数は1700万部を突破しており、「このマンガがすごい!2020」オトコ編・第1位など数々の漫画賞を受賞、2022年4月よりテレビ東京系でテレビアニメの放送がスタートする人気作品となっている。