史上初の「スパ・サウナ」アンバサダーを発掘する『ミスミスタースパサウナ 2022』最終審査・表彰式が4月30日、東京・京王プラザホテルで行われた。審査員長としてお笑いコンビ・サバンナ、特別審査員として元NMB48の山田菜々らが出席した。

【写真】ミスター・ミスサウナ!涼し気な衣装で登場したグランプリ受賞者

 「ミスミスタースパサウナ2022」は、日本のスパ・サウナ文化の魅力を、国内外に発信していくアンバサダーを選出するミス&ミスターコンテスト。日本のスパ・サウナ界をけん引するにふさわしい「美意識と品格」を身につけた次世代エースを発掘すべく、ライブ配信、SNS審査、サウナ好き著名人をはじめとする豪華審査員による審査など、多方面の選考によりグランプリを決定。グランプリ受賞者には、高級ホテルスパやサウナで使える300万円相当のチケットが与えられる。

 自称「サウナ風紀委員会の委員長」でもある芸能界屈指のサウナ好きのサバンナ・高橋茂雄は「週に10回行っている。朝にサウナ行って、夜にもサウナに行くくらい、サウナ界が盛り上がってくれたら」とにっこり。

 サウナ用語「整う(ととのう)」をメディアで聞く機会が増えているが、意味について問われると「『整う』ってどういう状態?と聞かれるのですが、サウナに入って、水風呂に入って、気持ちがいいと思ったら、それが整っている。難しいことを考える必要がない!」と伝えた。