俳優・間宮祥太朗が主演を務めるフジテレビ系“水10”ドラマ『ナンバMG5』(毎週水曜 後10:00)で、第1話スタート時から「かわいすぎる」「演技がうまい」と大きな話題となったのが、主人公・難波剛(間宮)の愛犬・松(まつ)だ。放送中から「松の声は誰?」「もしかして…」とSNSで盛り上がったが、今回その声の主が、声優・津田健次郎であることが27日、明らかになった。

【写真】ボンテージ姿だけじゃない!ヒロインの母親を演じたしおかすみこ

 原作は小沢としお氏の『ナンバMG5』&『ナンバデッドエンド』(秋田書店)。今までのヤンキードラマとは違い、筋金入りのヤンキー一家「難破(なんば)家」の次男・難破剛(間宮)が、実は「ヤンキーをやめたい」「普通の高校生になりたい」と、家族に内緒で健全な高校に入学するという<高校“逆”デビュー>物語となっている。

 家族の前では特攻服を着たバリバリのヤンキー、学校では制服を着た真面目な高校生、という二重生活がスタートするが、家族の中でその異変にいち早く気づくのが、剛が小さいころから“弟”としてかわいがっている、柴犬の松(豆三郎)。松は、剛を“アニキ”として慕っているが、学ランを着た剛を見て尾行し、実は剛が真面目な学校でシャバい(ひ弱な)生活を送っていることを知ってしまう。「アニキは難波を裏切った!」と家族にそのことを知らせようとするが、わかってもらえずそのショックから家出する。

 その後、他校のヤンキーですでに剛の正体を知っている伍代直樹(神尾楓珠)が先輩たちにボコボコにされているところを目撃した松。そこに、特攻服を来た剛が“正体不明のヤンキー”として現れ、ひとりで大勢のヤンキーたちを相手に戦い勝利する。その一部始終を見た松は「やっぱりアニキはすげえや!」と感激し、剛に駆け寄る。

 アニキを追いかける松、悲しそうな表情を見せる松、そして必死に家族に剛の秘密を知らせようとする松…そのかわいさとけなげさ、演技力の高さ、そして何よりも「声の主は一体誰なのか?」と、放送中から大きな話題となった。番組のエンドクレジットは「松の声…?????」と伏せられていたが、松のかわいいビジュアルにおじさんのような渋い声。そのギャップに萌えている視聴者も多かった様子で、「もしかして?」と予想する人たちが続出していた。多くの方が予想していた通り、その声の主は声優で俳優としても活躍している津田だった。

 津田は舞台俳優をしていたが、声優のオーディションを受けテレビアニメ『H2』(1995年・テレビ朝日系)で声優デビュー。その後、声優・ナレーションの仕事はもちろん、舞台やラジオなど活躍の場を広げ、『ドキュメンターテイメント AD-LIVE』(2019年)で映画監督デビューも果たした。第15回声優アワードで主演男優賞を受賞(2021年)、その超イケボ(イケメンボイス、イケてるボイス)の人気はとどまるところを知らず、津田は今最も忙しい声優と言われている。

 そして今回、津田と豆三郎が初対面し、貴重なツーショット撮影を果たした。津田は「めちゃくちゃかわいい、目もくりんくりんでいい子!」と感激しきりだった。

■津田健次郎インタビュー

――今作のオファーを受けて
「びっくりしました!ナレーションだけじゃなくて、松の声をあてるんですね?なかなか思い切ったな、と。とにかく面白そうだと思いました」

――第1話の反響はいかがでしたか?
「すごいですね。“松は津田さんでしょう?”と、多くの方から声をかけていただきましたが、“いやぁ、どうでしょうね”、て(笑)。バレバレな感じでしたが、面白かったという声を聞けてうれしかったです」

――松の声をアフレコするときのこだわりは?
「松役の豆三郎くんが、とてもいい芝居をしてくれるので、なるべくそのかわいさと作品の面白さを生かせるように心掛けています。台本もあるのですが、映像を何度も見て、こういうところにこういう言葉がはまるといいな、とか、本広監督からのリクエストも含めてなるべく細かいところをいっぱいひろっていければと思っています。最初は、かわいい松に、こんないかつめな声をあてるんだ!と思いましたが(笑)、こういうところも攻めていく企画なのだな、と。このギャップが面白いですよね」

――松役の豆三郎と初対面した感想は?
「もう、めちゃくちゃかわいい!の一言ですよ! 目がくりんくりんですしね~いい子ですしね~! 撮影現場は、キャストさんもスタッフさんも癒されているでしょうね!」

――視聴者へメッセージ。
「このドラマはヤンキーものとしてのコメディーや友情が中心になりますが、家族の話も大きいですよね。その一員として、松の役割は大きいなと思っていて。客観的な語り部としての視点もあるし、家族の一員として重要なキャラクターでもあります。とにかく攻めた面白さを作っていけるよう、がんばりますので、是非多くの方に見ていただけたらうれしいです!」