俳優の芦田愛菜(17)、宮本信子(77)、高橋恭平(なにわ男子=22)、狩山俊輔監督が27日、都内で行われた映画『メタモルフォーゼの縁側』(6月17日公開)の世界最速上映会イベントに登場した。

【全身ショット】清楚!真っ白なロングワンピースで登場した芦田愛菜

 高橋は、今作で芦田と初共演。第一印象について、17歳には見えない落ち着いた雰囲気の芦田に「どっちが年上かわからなくなるような…」と緊張したと告白。

 その後、スタッフを交えて会話をし、仲を深めたそうだが「ここで一つ聞きたかったのですが…」と切り出し、「僕は今『愛菜ちゃん』と呼んでいるのですが、最初に会った時は『さん』と呼んでいた。でも、なかなか『さん』とは言いづらくて、勝手に『ちゃん』付けに変えたのですが、『ちゃん』か『さん』か、どっちがいいですかね?」と呼び名で迷っていると打ち明けた。

 このタイミングでの告白に「今ですか!?」とMCからツッコミが入ると、高橋は「ずっと、気になっていたんですよね。『ちゃん』だと申し訳なさもありますし、『さん』だと言いにくかったので…、どっちにしたらいいのか…」と悩みを真剣に伝えた。

 これに芦田は「え~!? いや~」と戸惑いつつも「全然、呼びやすい方で呼んでいただいて大丈夫です!」と照れながら答えると、高橋は「じゃ、『ちゃん』でこのままいこうと思います。スッキリしました!」と満面の笑みを見せた。

 同作は、ボーイズラブ“BL”でつながった17歳と75歳の年齢を超えた友情と挑戦を描いた物語。主人公の佐山うらら(芦田)は、周囲になじめずひとりこっそりとBL漫画を読むことを毎日の楽しみにしている17歳の女子高生。もうひとりの主人公・市野井雪(宮本)は、夫に先立たれ孤独に暮らす75歳の老婦人。雪がキレイな表紙に引かれて買った漫画がBLだったことをきっかけに出会ったふたりが、一緒に漫画を読んで、一緒に笑って、一緒に泣いて、時には激論を交わし、BLでつながったふたりが育む年の差58歳の友情と挑戦を描く。

 原作は2017年に連載が始まって以降、じわじわと話題を呼び「このマンガがすごい!」「文化庁メディア芸術祭 マンガ部門」など数々の漫画賞を受賞した鶴谷香央理氏の同名漫画となっている。