アニメーションスタジオ「スタジオコロリド」の新作長編アニメーション映画『雨を告げる漂流団地』が、9月16日よりNetflixにて全世界独占配信、国内の劇場で公開されることが明らかとなった。メインビジュアル&挿入歌入り特報も解禁となった。

【動画】瑞々しいメインビジュアル&挿入歌入り特報

 2018年『ペンギン・ハイウェイ』で第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)を受賞し、2020年長編映画第2弾『泣きたい私は猫をかぶる』はNetflix にて全世界独占配信され、世界30ヶ国以上で再生回数の多い映画ランキングTOP10に入るなど、成長を続けるスタジオコロリド。第3弾となる本作は、ひと夏の不思議な冒険の物語。

 小学6年生の航祐(こうすけ)と夏芽(なつめ)は、団地で育った幼なじみ。夏休みのある日、同級生の譲(ゆずる)と太志(たいし)、令依菜(れいな)と珠理(じゅり)の6人で取り壊しの決まった団地に集まっていると、不思議な現象に巻き込まれてしまう。気づくとそこは、あたり一面の大海原で──。

 解禁となった映像では、航祐と夏芽たちが大海原を進む“漂流団地"で釣りや線香花火といった夏らしさを満喫する姿が切り取られている。しかし、事態は「一夜限りのキャンプ」を楽しむだけにはいかず、突然現れた謎の少年・のっぽの存在や、団地が沈んでいることも明らかになっていく。

 瑞々しい夏の情景を彩るのは、ずっと真夜中でいいのに。が、本作のために書き下ろした挿入歌「夏枯れ」(読み:なつがれ)。ノスタルジックで心地よい音楽と、本作のあたたかく、どこか懐かしい世界観のコラボレーションにも注目だ。

 漂流団地での不思議な冒険を通して成長する幼なじみのふたり、航祐と夏芽を演じ、W主演を務めるのは田村睦心と瀬戸麻沙美。田村は「みんな誰しもが感じたことがあるかもしれない思春期の時の心の揺れや複雑な想いが詰まっています。ごめんって言いたいけれど言えない。大切すぎるから離れたくない。懐かしくもあり、胸がきゅっとなるようなお話でした」、瀬戸は「夏芽役として声の出演をさせていただくことが決まってから、小学生6年生の夏休みってどんなだったかなぁと思い出していました。あの頃は家や学校その近所が自分の世界の全てで、一歩その外に踏み出すと大冒険だったような気がします」と、コメントを寄せている。

 ほかに、物語の謎に大きく関わってくる少年・のっぽを村瀬歩、航祐の遊び仲間で穏やかな性格の譲を山下大輝、同じく航祐の遊び仲間で好奇心旺盛な太志を小林由美子、裕福な家庭で育った学校のマドンナ的存在・令依菜を水瀬いのり、令依菜の親友である珠理を花澤香菜が務める。