ディズニー&ピクサーの「トイ・ストーリー」シリーズの人気キャラクター、バズ・ライトイヤーのオリジン・ストーリー“誕生の秘密”を描く『バズ・ライトイヤー』(7月1日公開)のUS版予告編が、日本語字幕付きで公開された。

【動画】映画『バズ・ライトイヤー』US版予告編

 『トイ・ストーリー』 (1995年) でアンディの誕生日プレゼントとして初登場した彼は、奇妙な星(とバズは思っていたが、実際はアンディの部屋のベッド)に墜落し、自分のことをその衝撃でハイパー・スリープから目を覚ましたスペース・レンジャーだと思い込み、ウッディたちを困らせていた。

 しかし、自分がアンディの“おもちゃ”であること、おもちゃとしての“大切な任務=子どものそばにいること”をウッディから教わった彼は、物語が進むにつれ、ウッディとともに仲間を守る頼もしいリーダーに成長していく…。

 そんな“誰よりも仲間思いで世界中から愛される”バズのモデルとなったのは、アンディが大好きな人気映画の主人公“スペース・レンジャー”バズ・ライトイヤーであり、その映画が本作だ。アンガス・マクレーン監督は「アンディがバズ・ライトイヤーのおもちゃを欲しがるようになったのは、どんな映画を観たからなのだろう? 私はそれを見たかった」と、制作のきっかけについて語っている。

 このたび解禁された映像では、冒頭から「バズ・ライトイヤーの恒星日誌 宇宙歴3901。この惑星に不時着して1年、ついにテスト飛行の日が来た。」と“おもちゃ”のバズの仕草でもおなじみの左腕に恒星日誌を吹き込む姿を披露。しかし、バズと同じくスペース・レンジャーで親友のアリーシャ・ホーソーンには「またナレーションしてんだ」とからかわれ、まるで『トイ・ストーリー』での初登場を彷彿とさせるようなシーンからスタートする。

 アンガス監督は「この映画のビジュアルが“シネマティック”であることを大事にしている。僕はこの映画を通じて“僕たちが愛する劇場体験”、みんなが映画館で他の人たちと一緒に映画を見る体験をしてほしいと願っているんだ」と、劇場サイズの作品である事を強調しており、予告編で映し出される映像はまさに超大作級だ。

 そして本作で“スペース・レンジャー”バズ・ライトイヤーの声を演じるのは「アベンジャーズ」シリーズのキャプテン・アメリカ役でもおなじみのクリス・エヴァンス。監督は「アクション経験。ふざけ過ぎないのに笑いが生まれるコメディセンスと、シリアスなドラマの両方を同作内で上手くできる演技力。マジメなヒーローのキャラクターを演じた経験などから俳優の候補を考え始めたんだが、そうなるとクリス(・エヴァンス)は最初の候補であり、唯一の候補だったんだ」と、キャラクターとの唯一無二の親和性を強調。

 幼い頃からアニメーション映画が大好きだったいうクリス・エヴァンスもまた「創業当初からピクサー映画の大ファンでピクサーと一緒に仕事をするのは夢のようです!」と相思相愛のコメントを贈る。さらにクリスは「なぜ『バズ・ライトイヤー』の(ルーツの)物語を語る必要があるのか? 私は自信を持って『みんな安心してください。そして大いにワクワクしてください』と言えます」と、太鼓判を押す。

 全世界の観客を魅了し続けるバズ・ライトイヤーのルーツ、あの名ぜりふ「To infinity and beyond!(無限の彼方へ、さぁ!)」が生まれる瞬間、バズと仲間たちに襲い掛かる脅威、バズを狙うザーグのような巨大ロボットの目的とその正体、そして冒険の果てに彼が知る“驚きの真実”とは? ラストまで目が離せないスリリングな展開への期待値が高まる予告編となっている。