クズ男の絶妙にリアルな描写とスカッとする展開で人気のオムニバス漫画『クズメン百鬼夜行』シリーズ。さまざまなクズメンエピソードの中でも「気持ち悪い…でも目が離せない!」とひときわ読者を惹きつけてやまないのが、『あいつ俺のこと好きなんですよ』に登場する“一方的に彼氏面してくる勘違いクズメン”だ。なぜ私たちはクズメンをエンタメとして楽しんでしまうのか。作者の廻先生に話を聞いた。

【漫画】頭ポンポン、みんなの前でプレゼント攻撃まで…「いい加減にしろ!」大声で反撃した話

■「あいつ俺のこと好きじゃね?」突っ走る心理は“あるある”エピソード

──クズメンをテーマにするにあたって、「勘違い男」というキャラクターはどのように生まれたのですか?

【廻さん】一時期よく街コンに参加して男性・女性いろんな人に話を聞いて回ってたんですけど、そこで気づいたのが、男性の中には大して深い関係を築いてないのに、すぐに「あいつ、俺のこと好きじゃね?」って思い込む人が一定数いるんだなということだったんです。ちょっと優しくされたり、それこそ話しかけられたりしただけなのに…。

──なるほど、思うだけなら被害はないですが…。

【廻さん】思い込みのまま突っ走られたら、ターゲットになった女性としては不幸でしかないですよね。ただ、見方によっては「積極的な男性」とも取れるんです。この漫画で言えば、ヒロイン・双葉が、勘違い男である堀畑をちょっとでも「いいな」と思っていたら、きっと呼び捨てにされるとか、みんなの前でプレゼントを渡されるとか、頭ポンポンされるとかも嫌じゃなかっただろうし、なんなら付き合っちゃえよってことになるんですよね。

──その突っ走り心理はどこから来るのでしょうか?

【廻さん】堀畑に関しては、「俺に惚れてるのはわかってるけど、女性からはなかなかアプローチできないだろうし、しょうがねえな、俺が御膳立てしてやるよ」みたいな親切心というイメージで描いてます。実際街コン参加の際に、私自身そういうことを体感しましたし、勘違い行動をしてしまうあるある心理のひとつなのかなと思いますね。

■勘違いに嫌気がさすヒロイン、満を持しての“反撃”に「スカッとしてもらいたい」

──さんざん苦しんだヒロインが、最終的にクズメンに反撃&成敗するのがこのシリーズの見どころです。特にこの作品は、「気持ち悪さ」と「痛快さ」の両面が際立っていますが、描く上でどんな点を意識されましたか?

【廻さん】あまりキャラクターを深掘りしすぎず、善人は善人、悪人は悪人として描きました。短編なので、そこをきっぱり描き分けないと物語がブレブレになってしまうというか、無意味なミスリードが生まれてしまうこともあるんです。たとえば「じつは堀畑には過去にこんなことがあって、だから双葉に対してこういうアプローチになってしまった」みたいなことを匂わせたら、読者によっては「堀畑もかわいそうだな」と思ってしまうかもしえない。そうすると、“クズメン”を心から楽しめなくなってしまいますからね。

──ある意味、割り切ってキャラクターに幅を持たせないということですね。

【廻さん】はい。その分、モブキャラにも堀畑の行動の気持ち悪さ、痛々しさを増幅させる役割を持たせるようにしています。私も、会社員時代に会社の人間関係の厄介さはさんざん味わいましたから(笑)。

──エピソードも人物描写も、絶妙にリアルなのが先生の作風です。連載作品もお持ちですが、ネタは尽きないですか?

【廻さん】今のところは腐るほどあります(笑)。街コンでだけじゃなく、様々な人に色々な話を聞いてきたので、ネタが豊富にあります。やっぱり顔を合わせてしゃべるからこそつかめる細かいニュアンスとか心情ってありますからね。

──読者にはどんなエンタメを提供したいですか?

【廻さん】特に短編ではスカッとしてもらいたいなと思って描いてます。現実はどうにもならないことって多いですし、それこそ人間関係で腹が立っても我慢してる人もたくさんいると思うので、漫画に浸るときくらいはリアルの嫌な出来事を蹴散らすような気分になってもらいたいですね。