俳優・奥野壮が『仮面ライダージオウ』以来となる連ドラ主演を務める、ABCテレビ・テレビ朝日系『恋に無駄口』の第2話より、ヒロイン役のAKB48・小栗有以が登場している。今作が連ドラ初ヒロインとなり、恋に不器用な女子高生を演じる小栗からインタビューコメントが到着した。

【場面カット】奥手な漫画部員役を演じるAKB48・小栗有以

 『花とゆめ』(白泉社)連載中の福山リョウコ氏による少女漫画をドラマ化。イケメンながら、日々くだらない検証をSNSにアップし、青春時代を限りなく無駄に過ごす、不器用な男子高校生たちを描く。主人公・仁科(奥野)、マヤ(水沢林太郎)、シロ(小西詠斗)、葵(藤岡真威人)の4人が、無形文化遺産代行保存部(=通称「ムダ部」)に所属し、「絶対に恋なんてしない!」と誓うが…。

 小栗が演じる漫画部員・依麻は、ひときわ漫画愛が強く、漫画で賞を取ることを目標にしているキャラクター。第2話で食パンダッシュする仁科と衝突したのをきっかけに恋が芽生えていく。

 ABCテレビで毎週日曜午後11時55分放送。テレビ朝日では毎週土曜深夜2時30分放送。TVerとGYAO!で見逃し配信が実施される。

■AKB48・小栗有以 インタビュー
――収録の雰囲気は
共演のみなさんも、スタッフさんもみんなが仲良くて、とても明るい雰囲気の中で撮影させていただいています。特にムダ部4人の仲の良さがすごくて、カメラが回っていないところでもドラマのように盛り上がっています。

――実際に依麻役を演じてみて
演じてみて、あらためて自分と似ているところがたくさんあるなって感じています。ドラマでも象徴的に描かれている“ありがとう”と言える部分は、私自身もずっと以前から“好きな言葉”はありがとうだったので、「一緒だ!」って感じています。食べものを大事にするところや、恋愛経験がないところも共通点です。ドラマでは依麻の初めてがたくさん描かれていくのですが、私にとっても初めてのことなので、私自身もドキドキしたりキュンキュンしたりしながら、依麻になり切って演じることができました。原作を読んでいて、依麻のセリフや表情に共感できるところがあるので、ドラマを観てくださった方々にも共感しながら楽しんでいただけたらなって思っています。

――視聴者へメッセージを
ムダ部の4人がワチャワチャとムダなことをしているのを観ていると自然と笑顔になれちゃう作品です(笑)。そんな4人と、個性豊かな女の子たちとが、キュンキュンしたり、もどかしかったり、ちょっぴり切なかったり…いろんな恋や青春のワンシーンを楽しんだり、懐かしんだりしながら観ていただけると思っています。『恋に無駄口』で共感して笑って、明るい気持ちになっていただけたらとてもうれしいです!

■第2話 あらすじ
中学時代に初デート10分で振られた過去をトラウマに感じ、「貴重な青春時間を“恋”に費やすなんてバカすぎる!!」と強く感じている仁科(奥野壮)。しかし、ムダ部で検証したテーマ「食パンをくわえて走って、誰かにぶつかれば、恋に落ちるのか!?」に遊び半分で挑戦してみると、まるで少女漫画のワンシーンのように女子生徒と衝突してしまう。彼女の名は高校2年生の叶依麻(小栗有以)だった…。