近藤春菜(ハリセンボン)、あ~ちゃん(Perfume)、谷まりあ、福徳秀介(ジャルジャル)、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)が、15日からスタートするABEMAオリジナル恋愛番組『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』(後10:00)MC合同取材に参加した。

【写真】『ドラ恋』取材会に参加したあ~ちゃんら出演者ソロカット

 同番組は、恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのか…を描くオリジナルシリーズ恋愛番組のシリーズ9作目となり、今回のテーマ“おとぎ話”にちなみ“理想の王子さま像”を聞かれた女性陣。小森が咳払いして待ちわびるなか、谷は「誠実でウソをつかない人が良いです。あと言葉と行動が合っている人がいいな。(本編で)『お姫さま』みたいなセリフがあったんですけど、冗談っぽく言える人はいいな。『お姫さま』とか言われたい」と願望を明かした。

 あ~ちゃんは「やんちゃな人がいいです。夏とか日焼けしてて2リットルのペットボトルをバコバコッって飲む人がいい」と具体例を挙げると、近藤は「中2? 野球部?」と首をかしげる場面も。だが、あ~ちゃんには「部活、めっちゃ頑張ってる子とか好きだった。一生懸命な人がいいです」とピンときているよう。

 さらに近藤は「私もちょっとかぶっちゃうけど一生懸命な人がいいのと、ウィンナーひとつでどんぶり飯3倍いける人」といい、小森は「3はちょっと厳しい!」とお手上げ。「それくらい食べることに勢いがある人。食べることに貪欲で一緒に『おいしいね』って言える。ウィンナー一本で『肉じゃん!』みたいな人がいい」と独特の理想像を掲げるも、あ~ちゃんは「あ~いいね~」と同感していた。

 あ~ちゃんはこれまでのシリーズと比べ「(これまでは)見ていて恥ずかしい、みたいな、最近シリアスでおとなっぽいストーリーが多かった…」といい、「角度が変わって、めちゃくちゃキュンキュンするんです。そういうのは年齢関係ないと思う。母と一緒にも観たいな。家族に激プレゼンしたいし、メンバーと観たい。感覚が似ているので、かしゆかとのっちと観たいです」と意欲。すると近藤も「私もメンバーかな?“は~ちゃん”(箕輪はるか)とみたいな。歯の歯です。歯のは~ちゃん」と乗っかって笑いを誘っていた。

 初回収録を終えた5人は前作からの続投ということで和気あいあいとした雰囲気。近藤は「久々に会っても『仲良い~』って感じ」とそれぞれ顔を見合わせ笑顔に。あ~ちゃんも「カメラマンさんも少人数スタイルでずっとやってるし、家で見ている感じ」とすっかりリラックスムードで、小森も「ホーム感ありますよね」と頷く。

 スケジュールの合わなかった福徳以外で、あ~ちゃん宅でご飯会もしたといい、プライベートでも仲を深めているよう。あ~ちゃんは「ライブも観に来てくれてうれしかった。ここで仲が広がっている感じ」と実感すると谷も「毎回収録が楽しみ。朝早くてもいきたいって思える」と心待ちにしているようだった。